So-net無料ブログ作成

UIC-Typ UH Schlafwagen von DB [欧州鉄道]

昨日に引き続き、形式のないDB寝台車についてです。前回はDBロゴの付いた青TEN塗装のMU形寝台車について記しましたが、もう1つ青TEN塗装でDBロゴの付いたUH形寝台車があるようで、その実車画像を探したら意外にも簡単にヒットしました。

UIC-Typ UH / DB エクステリア
UIC-Typ UH / DB 車体表記

この画像の説明では、上の画像は、UH 4597(おそらくCIWL番号)/ 71 80 71-80 764で、Dk 9103列車(Genova-Brignole)とのことです。(1982.7.29 撮影)
下の画像は、UH 4602 / 71 86 71-80 769で、Dk 9214列車とのこと。(1987.6.21 撮影)

これらも画像で確認できるようにDBロゴがありながら形式表記がありません。おそらくですが、UH形寝台車についても所有者であったCIWL社からDBへリースされたと考えるのが自然でしょう。
UH形寝台車は、別名U-Hansaと言われる車両で、BremenのHansa Waggonbau GmbHで製造されたのが由来だと思います。ただ、この寝台車はDSGからの発注はなくCIWL向けに製造されたようです。車体形状は切妻屋根ながら片開き扉のWLABmh173(UIC-U形寝台車)に似ています。

因みにCIWL社は運用のあった西欧各国に現地法人を持っていて、ドイツにはCIWL社が創業した直後の1873年(当時はドイツはなく王国時代でした)からISG(Internationale (Eisenbahn-)Schlafwagen-Gesellschaft)という名称の会社が2000年まであり、ミュンヘンには郊外のNeuaubingに「Atéliers de WL」なる車両工場がありました。(1956年からはDSG車両と共有)現地法人は、CIWL本社のあったベルギーでも2003年まで、最後まで残ったイタリアでは2011年まであったようです。

1971年から始まったTENプールによる各国寝台車の共通塗装化でCIWLの塗装の寝台車は消滅することになりますが、車両保有はその後も続いたようです。それが今回DBロゴの付いたUH寝台車であり、MU寝台車であったとということだと考えられます。DSGについては元々DBの子会社であったことからU形寝台車は当初から形式も与えられていました。

ドイツでのISG(CIWL)の位置付けは、あくまでドイツの民間車両保有と列車サービス会社であり、資本関係は別にしてもDSGとは並列にあったように思います。1971年の寝台車のTENプール化で車両保有が鉄道事業者に移管してしまうような状況下では、ISGはDBにリースという形で(少なくとも書類上は)車両を預ける形を取ったのでしょう。もしかしたら私がミュンヘンからボローニャまで利用したDB表記の寝台車は、サービスがCIWLだったことが記憶にあるので、寝台車も元CIWLの寝台車だったのかも知れません。

[参考文献]
Compagnie Internationale des Wagons-Lits / Wikipedia ドイツ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

UIC-Typ MU Schlafwagen von DB [欧州鉄道]

久しぶりに実車について記します。Facebookで欧州型鉄道模型グループの中でNゲージのMU形寝台車をコレクションされている方からの投稿がきっかけで、そこにアップされていたMU形のモデルの写真を見ていたら、その中にDBの青TEN塗装モデルを見つけました。欧州鉄道事業者の多くが導入した寝台車両であるMU形ですが、私はDBではMU形寝台車の存在がないと思い込んでいたので、こうしたモデルもメルクリンを始め間々あると理解しました。

UIC-MU_DB-1b.jpg
UIC-MU_DB-2b.jpg

しかし、実際1970年代にD 288列車「Brenner Express」に連結されていた寝台車がDBの青TEN塗装に塗られたMU形寝台車らしい...との証拠写真と説明文の文献がコメントにアップされました。(上画像)しかし、DB車籍であれば、そのMU形寝台車は形式があるはずですが、その記述はありません。一体これはどうゆうことなのでしょうか。

可能性として考えられるのは、期間限定でD 288と共同運用していたFSからMU寝台車を借用してFS車籍のままDBマークのみを車体に貼り付けた...などが考えられます。塗装はTENプールなので各国事業者とも同じ塗装ですのでこうしたことは可能だと思われます。またサービスはDSGではなく、CIWL(ISG)であることも記述があります。これについては、私もミュンヘンからボローニャまでDBのU形寝台車で利用した時(1991年ごろだったか?)も、サービスはCIWLでした。

もし、DBが車籍を持ったMU寝台車の存在についての新たな情報(特に形式など)などありましたらコメントでお知らせいただければありがたいです。

[追記]
M.K.さんより以下報告をいただきました。
「上記の本(Hotel auf Schienen)の著者Andre Papazian氏に直接尋ねてみたところ、DBとTENロゴのついたMU型寝台車は実在したが厳密にいうとDBが所有していたのではなく、ワゴンリ社CIWLがDBにリースしたものであるとの回答を得ました。」

つまり、DBロゴの付いた青TEN塗装のMU形寝台車は実在していたということになります。しかし、それはCIWLからのリースだったということですね。それ故この車両にはDBの形式はありませんでした。
考えてみれば、私がミュンヘンのDB デザインセンターで実習中にミュンヘン郊外にあるNueaubingの客車工場(現存せず)を見学した際、工場の一角にISG(CIWL)の検査場があったことを記憶しています。CIWLはDSGとは違い、どこの鉄道会社にも属していない独立した民間会社だったので運用のあった西欧各国の鉄道事業者とは密接に関係する必要があったのでしょう。特に寝台車がTENプールとして共通の塗装で運用するようになってからは、例の向かい獅子のマークは掲げられず、車両としての独自性を出すことが難しくなったように感じます。

H0の同形モデルの表記を見ると、71 80 XXXで始まるUIC番号が印刷されていたので、車籍はドイツです。CIWLの自社保有車両の車籍は本社のあるベルギーだけではなく、運用国での地域ごとに車籍登録していたと考えられます。

関心事としては、DBロゴの付いたCIWLのMU形寝台車は、ここに挙げたD 288/D 289運用以外にあったのかということ。そしてその期間。他にも未確認ではありますが、UH形寝台車も青TEN塗装のDBロゴで運用されていたらしいこともあります。この辺り1つのテーマとして掘り下げられれば興味深い研究対象になりそうですね。

Special Thanks: M.K. さん

[参考文献] Hotel auf Schienen

[EDIT] 2019-05-21
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

31979 MHI 5 Jahre Jubiläumswagen [Maerklin-Guterwagen]

IMG_4323b.jpg

随分昔(2006年末)のことですが、当ブログ記事「MHI: Maerklin Haendler Initiative」でも写真だけお示ししました貨車モデルです。このモデルについて紹介します。

このモデルは、メルクリンのMHIが1990年に始まって5周年記念で記念本と共にリリースされました。当初は実車が少数製造された客車モデルなどが多かったですが、だんだんと玄人好みのディープなモデルがリリースされるようになり、それもカタログには載らない上にネットもない時代、パンフレットのみで告知されるようなゲリラ的な販売を始めたので、私は、情報収集のために販売店に足しげく通うことになるのでした。

そんなことが普通になった1994年にそれまでリリースされて居たMHIモデルを全て掲載したハードカバーの本の表紙と同じ絵柄の2軸古典有蓋貨車モデルがリリースされました。もちろんこれもMHIモデルです。

IMG_4324b.jpg

緩急室側車端部側面です。モデルはG(h)形で、単なるMHIの広告貨車モデルなので、ファンタジーモデルと位置づけられます。しかし、MHI製品をリリース当初から見てきた私は、MHIモデルの成長を見守ってきたような気持ちで特別な思いを持って購入したのでした。

モデルとしては、漆黒の車体にMHIモデルのレプリカ消防自動車、そして専用のロゴが印刷されています。印刷の精度は十分に満足のゆくレベルです。とはいえ、細かな形式などの車体表記が表記がないため、実車の雰囲気は醸し出されません。

IMG_4326b.jpg
IMG_4327b.jpg

車体妻部正面の緩急室側と非緩急室側になります。

IMG_4325b.jpg

モデルを俯瞰したところです。地味な無彩色なので古典貨車の編成にも溶け込むような気がします。
タグ:MHI G Hannover
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[Vinyl 018] 音楽図鑑 / 坂本龍一 [Vinyl]

IMG_4141b.jpg
IMG_4142b.jpg

坂本龍一の音楽図鑑です。YMOで一躍有名になった坂本龍一は、一方で有名になり過ぎた故に迎合的な音楽活動に違和感があったはず。YMOとしては商業主義に走る勢力との戦いもあったように思う。しかし、彼自身の名前でリリースされたアルバムは相変わらず実験的な色彩の強い音を目指していたのはこのアルバムも同様。

久しぶりにこのレコードに針を落とすと、やはり坂本龍一らしい、ちょっと聴くものを突き放すような音色に、私自身は「置いて行かないで..」と後を追いかけるような気持ちになる。彼の音を理解する努力が必要という感じ。
でも、今はもうその後も随分彼の音を聴いてきて、だいたい理解できているようで、昔のような気持ちからは少し違って、坂本龍一という音を理解できて楽しめる...。これは多分歳を取った証拠。
YouTubeにあったこの音源のリンクを貼っておきましょう。

音楽図鑑 / 坂本龍一


タグ:坂本龍一 MIDI
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

46022 Insider-Jahreswagen H0 2005 / DB Ep.III [Maerklin-Guterwagen]

IMG_4306b.jpg

2005年にリリースされたインサイダー会員向け私有無蓋貨車モデルです。実車については手元の資料に該当する形式が見つかりませんでした。しかし、Ep.III仕様ながら緩急室の形状や全体の雰囲気からEp.IからEp.IIに出来たのではないかと思われます。

IMG_4309b.jpg

反対側です。緩急室はドアなどなく、開放状態で中に椅子が設えてあります。ここに座って手ブレーキを操作するのでしょうか。
IMG_4308b.jpg

車端部側面です。緩急室は側面窓がなく、樹脂製レーリングが別パーツで付けられているのが見えます。またデッキ下にステップが付けられています。

IMG_4311b.jpg

緩急室のない車端部側面です。私有貨車なので所有企業のロゴが記されています。ここに記されているAlfred Moeck社は、今もなおドイツLenningenにある採石やアスファルト製造などの企業です。
Alfred Moeck KG

IMG_4312b.jpg

車体表記です。精細な印刷であることがわかります。右下はインサイダー会員向けモデルであることのお約束です。
DB表記の下は、車体番号と私有貨車の(P)マークが表記されています。その下には「Heimatwagen Bf. Oberlenningen」(所属 Oberlenningen駅)と記されています。何故Heimatbahnhofではなく、Heimatwagen と記されているのかはわかりません。

IMG_4314b.jpg
IMG_4316b.jpg

台枠の表記です。凹凸がありながらもしっかりと印刷が施されているのがわかります。記載内容は、車体表記とほぼ同じです。

IMG_4319b.jpg
IMG_4320b.jpg

車体妻部正面の前後画像です。

IMG_4317b.jpg

車体を俯瞰したところです。無蓋部分は進行方向に梁がついているので、なんだかおかもちのようにも見えます。

IMG_4322b.jpg

下回りです。ステップや配管など樹脂製パーツが別付けで幾つもついていますので、取り扱い注意です。
この辺りはメルクリンらしくない感じがします。この辺りの精細な表現を見ると、もしかしたらTRIXの設計なのかも知れません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー