So-net無料ブログ作成

[Vinyl 052] AUTOBAHN / KRAFTWERK [Vinyl]

IMG_5291b.jpg
IMG_5292b.jpg

KRAFTWERKの出世作「AUTOBAHN」です。これは1974年発売なのでリリース当初は彼らの名前も楽曲も知りませんでした。私が彼らを初めて知ったのは1981年だったか。
なので、先に紹介した「TRANS EUROPE EXPRESS」や「THE MANN MACHINE」を先に聴いていたので、私は順番が違いますw

タイトルのAUTOBAHNはA面にこの曲だけ収録されていて、B面は現在ライヴでも演奏されない曲なので、久しぶりに針を下ろしたらこれらの曲が何だか新鮮でした。彼らの曲は無駄を極限まで省いて必要最低限かつ優雅な旋律のメロディが魅力なのですが、その一端を垣間見ることができます。

そう言えば、渡独するとき2つのやりたかったこと、1つはVT11.5車内でTEEの曲を聴く。もう一つは自動車をアウトバーンで運転しながらAUTOBAHNで聴く..という2つの望みがあったのですが、TEEはまだで、AUTOBAHNは叶えられましたw

YouTubeにアップされているこの曲が聴けますのでリンクします。
Kraftwerk Autobahn full




タグ:PHILIPS KRAFTWERK
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

メルクリンH0 4367 WRmページを大幅リニューアルしました。 [アナウンスメント]

2007年5月19日にアップしたメルクリンH0 「4367 SBB WRm (EW.IV) "Le Buffet Suisse" / Ep.V」ページを先ほど大幅に加筆修正し、画像もすべて入れ替えて以下更新しました。

SBB WRm (EW.IV) "Le Buffet Suisse" / Ep.V

SBBのEC客車群のまとめは、既に左カラムからリンクされています。まとめページからもこのページにリンクされています。今後、ここにリストアップされたEC客車モデル群のページを少しづつリニューアルする予定にしています。
ご意見などありましたらコメント欄に頂戴できればありがたいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[Vinyl 051] Never Never / The Assembly [Vinyl]

IMG_5283b.jpg
IMG_5284b.jpg

The Assemblyの「Never Never」です。
これは1983年にリリースされた12'シングル盤レコードです。これもV. Clarkeが楽曲を提供、ヴォーカルはE.C Radcliffeというユニットです。とてもメロディアスで、女性っぽい声質の男性ヴォーカルは、V.Clarkeの嗜好なのだろうと思います。このユニットもおそらくこの1枚で終了したのでしょう。作っては壊すことを繰り返して最後はERASUREに行き着いたと言えるのかも知れません。

さて、このレコードに針を下すのは2回目かも知れません。メロディは馴染みやすく、とても2回目とは思えないのは、V. Clarkeの楽曲を沢山聴いているからに他ならないからでしょう。

YouTubeにMUTEレコードオフィシャルチャンネルからPVが配信されていましたのでリンクします。
The Assembly - Never Never (Extended 12" Version)




タグ:MUTE The Assembly
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

26,4cm EC-Wagen / SBB Ep.IV - V [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5179nb.png

SBBのEC-Wagenは、それまでのユーロペン塗装をリニューアルしたEurofima客車が登場したのが始まりでしょうか。長距離国際列車は以前から走っていましたが、1等車のみのTEEから1/2等車と食堂車によって組成されたEuroCityが登場し、SBBでは、EC列車専用塗装をデザインし、手始めにEurofima客車のAmやBpmから塗装を施しました。この時は1、2等座席客車とTEE向け電車(RAe)をリニューアルしたRABe ECがこの塗装色で登場、その後1991年からEC列車専用客車のTyp.EC形客車が登場しました。この際、1、2等の座席車のほか、パノラマウィンドウを持つハイデッカーの1等座席客車も登場し、スイスの風光明媚な眺望を楽しめる観光立国らしい客車の登場に心を浮き立たせた記憶が残っています。

ここでは、SBBのEC塗装を施したEurofima座席客車、及びTyp.EC客車モデルをその対象として纏めることとしました。
Typ.ECモデルは、1995年に6両セット(4367)が1年限定でリリース、その翌年3種の同形客車が単品でリリースされ2009年までの15年間発売されました。更に翌2010年にBasel - Niceを結んだIC 343/344 ”Riviera dei Fiori"セット(43670)が1年限定でリリースされました。
また食堂車については、EW.IVではありますが、この塗装色に合わせた車両もあることから、一部を取り上げることといたします。

------------------------------------------------------
[Eurofima Wagen (UIC-Typ.Z1)]
1.Kl. Abteilwagen
4266 Am 61 85 19-70 500-7

2.Kl. Großraumwagen
4366 Bpm

[Typ.EC Wagen]
1.Kl. Panoramawagen
4367 Apm 61 85 19-90 100-2
4367 Apm 61 85 19-90 103-6
4365 Apm 61 85 19-90 105-1
43670 Apm

1.Kl. Großraumwagen
4367 Apm 61 85 10-90 236-3
4368 Apm 61 85 10-90 233-0
43670 Apm

2.Kl. Großraumwagen
4367 Bpm 61 85 20-90 274-2
4367 Bpm 61 85 20-90 219-7
4369 Bpm 61 85 20-90 235-3
43670 Bpm

[EW.IV Wagen]
Speisewagen
4125 WRm 61 85 88-94 002-2 "Le Buffet Suisse"
4367 WRm 61 85 88-94 003-0 "Le Buffet Suisse"
42171 WRm 61 85 88-94 001-4 "MITROPA Suisse"
29850 WRm 50 85 88-73 115-0
29851 WRm
43670 WRm

------------------------------------------------------
[Zugbildung]
Zugbildung: EC191/193/195/197 Winter 2003

*ブログ左カラムにこのページへの直接リンクを貼ったバナー(このページと同じ画像)を設けましたので、ブログからいつでもアクセス可能です。(PCブラウザのみ)

*Special Thanks: 300Bさん

[EDIT] 2019-08-08
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[Vinyl 050] Only you / Yazoo [Vinyl]

IMG_5205b.jpg
IMG_5206b.jpg

Yazooの12'シングル「Only you / Situation」です。
白ジャケットに黒でラグビー(アメフト?)のいでたちをした絵が表に出ているジャケット。楽曲と何か関連があるのか今もナゾなジャケットです。
中身の楽曲は、初期のV.Clarkeらしい楽曲のシングルです。特にOnly youはメロディアスで音作りも好みでした。

YouTubeにYazooの「Only you」のオフィシャルPVがアップされていましたのでリンクを貼ります。
yazoo only you official video





タグ:Yazoo MUTE
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

メルクリンH0(4266)のページを大幅リニューアルしました。 [アナウンスメント]

2007年5月18日にアップしたメルクリンH0 「4266 SBB Am (UIC-Z1) / Ep.V」ページを先ほど大幅に加筆修正し、画像もすべて入れ替えて以下更新しました。

4266 SBB Am (UIC-Z1) / Ep.V

今回SBB Typ.EC客車3種を記事化したのに伴うものです。いずれこの客車群をまとめてリスト化できればと考えております。ご意見などありましたらコメント欄に頂戴できればありがたいです。
タグ:Ep.V SBB UIC-Z1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[Vinyl 049] The 12' Album / Howerd Johns [Vinyl]

IMG_5257b.jpg
IMG_5258b.jpg

Howerd Johnsの「The 12' Album」です。これは彼のファーストアルバム「Human's Lib」がリリースされた同じ1984年にリリースされています。12'とあったので、てっきりシングルかと思ったのですが、33 1/3rpmのアルバム扱いでした。

ただ、内容はファーストアルバムに収録された楽曲のリミックス版があったりと、スピンオフ盤とも言えるかも知れません。ヒット曲の「New Song」の新バージョンも収録されているのでセールスも良かったのではないかと思われます。

このレコードの内容は以下の通り。
1. "Always Asking Questions"
2. "New Song" (New Version)
3. "What Is Love" (Extended Mix)
4. "Like to Get to Know You Well" (International Mix)
5. "Pearl in the Shell" (Extended Mix)
6. "Total Conditioning" (6:58)
Mixed by Stephen W Tayler

とにかく彼が彗星の如く英国のミュージックシーンに現れ、瞬く間にMTVなどの流行りのメディアにPVが流され一躍有名になった時のもの。

このレコードに針を落とすと、最初期の彼のサウンドが耳に心地よく、当時を思い出します。

YouTubeにこのアルバムの音源がありましたのでリンクしておきます。
Howard Jones - The 12'' Album (1984)




タグ:wea Howerd Johns
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

4369 SBB Bpm (Typ.EC) / Ep.V [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5229b.jpg
▲ WC(手ブレーキ)側

IMG_5231b.jpg
▲ 非手ブレーキ側

SBBのTyp.EC客車シリーズ最後の2等座席客車Bpmモデル(4369)です。このシリーズの最初は1994年のニュルンベルクメッセでSBBのEC客車セット(4367)として告知されたのですが、その時は実車のカラー写真だけのパンフレット案内に留まっていました。その6両セットモデルは1年だけの限定生産で、翌年の1995年から、パノラマ1等車、1等車、そしてこの2等車がカタログモデルとして単品でのリリースとなった経緯があります。

続きを読む


タグ:Ep.V SBB Typ.EC
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大洲大作 「未完の螺旋」 [Kunst]

IMG_5281b.jpg

昨日、友人の写真家大洲さんより表題のインスタレーション展示の案内を頂きました。この展示は大洲さんが長年、列車の車窓をテーマにしている作品のインスタレーションなのですが、今回は東京上野の旧京成博物館動物園駅構内が展示会場とのこと。ここは、ご存知の方も多いとは思いますが、地下駅で以前は使われていたのですが、現在は営業されておらず、当時のままの姿の構造物と空間が残っています。

いただいたパンフレットによれば...

「..鉄道などの「車窓」に材を取った作品で知られる、大洲大作氏のインスタレーションによって、これまでには広く知られることのなかった、上野地下線のある記憶をうつし出すことを試みます。」

とのこと。

普段は立ち入ることのできない上野博物館動物園駅ですが、今回の試みは「鉄道」という題材にスクープし続けている大洲さんならでは舞台装置での開催になり、大変興味深いものとなっています。

会期:2019.8.10 - 18
開場時間:13:00-18:00
会場:京成電鉄 旧博物館動物園駅
入場無料(但し、入場には当日分の整理券が必要。整理券の配布は、会期中毎12:30から会場前にて)
注意事項:バリアフリーには対応していません。会場は駅舎ですが、駅としては機能していません。鉄道業務に関わる緊急時には入場できないことがあります。

問い合わせ:art-Link 上野・谷中
Mail: artlink97@yahoo.co.jp

参考サイト:
大洲大作『未完の螺旋』Daisaku Oozu “Unfinished Spiral” / direction Q
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

[Vinyl 048] Oh L'amour / ERASURE (Limited Edition) [Vinyl]

IMG_5161b.jpg
IMG_5162b.jpg

ERASUREの限定版12'シングル「Oh L'amour」です。前にここでご紹介した同じERASUREの同じタイトルのレコードですが、これはジャケットと中身のバージョンが違う限定版です。レコード番号はL12 MUTE 45です。
特にSide 2のABBAのカバーであるGIMME! GIMME! GIMME!はErasureファンには必聴と言える秀逸なサウンドです。

ジャケットは、残念ながら機関車の絵はほとんどなく、裏面に顔が1つあるだけです。ジャケット中央部に丸い穴が開けられ、レコードレーベルが見れる構造です。アリとは思いますが、安く上げるための安直さは否めないところです。音源が良かっただけにちょっと残念。

YouTubeには、この限定版レコードの音源はないのですが、GIMME! GIMME! GIMME!がありましたので、リンクしておきます。
Erasure - Gimme! Gimme! Gimme! (1986) / YouTube


タグ:Erasure MUTE
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽