So-net無料ブログ作成

PICK UP! / Bahlsen [グルメ]

IMG_4298b.jpg

先日の母の日、すでに家を出ている子供達から妻あてにプレゼントが届きました。その中に、2つの美味しそうなビスケットサンドが入っていて、私もその1つをご相伴にあずかることができました。それが画像のパッケージのお菓子です。

このお菓子は「PICK UP!」と書かれているのですが、そのパッケージの色使いですぐにドイツBahlsenのお菓子ということがわかります。日本で言えば森永のようなドイツ、ハノーファーにある歴史ある菓子メーカーです。最近は輸入食品店などでも良く見かけるようになったブランドで、ビスケット製造販売を本業とするメーカーですが、チョコを加えたり様々なバリエーションを展開しています。

IMG_4240b.jpg

さて、この「Pick up!」ですが、定番のビスケットにチョコを挟んだもの。チョコの量もなかなかボリューミーで満足度が高いです。ビスケットそのものがとても美味しいので私はもちろん大好きになりました...というより、期待通りの安定した美味しさでした。
また、1つでパッケージされていることからも、例えば食後のデザート代わりに1つ食べると満足するという感じで、私も以前ドイツでは、食後にフェレロのHanutaを良く食べてましたが、これも食後に1つ食べると満足するもので、同じような位置付けになるかも知れません。

ビスケット好きにはオススメです。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Stroopwaffles ストロープワッフル [グルメ]

IMG_3918b.jpg

先日、近所にある「業務スーパー」に初めて行ってみた。「業務スーパー」は、普通のスーパーと違い業者相手に食品を扱うスーパーなのですが、一般に小売も行なっていて業者が仕入れ目的で利用する店なので値段もお安い。ただ、大容量の商品も多く一般には向かないものもありますが、普段見ることのできない商品もあり、興味もあったので覗いてみたいという好奇心が先に立っていました。そこで、輸入菓子もあって手頃な価格と物珍しさも手伝って、ここで初めて見つけ試してみたのがオランダの伝統菓子と言われる「Stroopwaffles」(ストロープワッフル)です。

大きさの割にちょっとびっくりする重さで、一体どんなお菓子なのだろうと、帰宅後食べる前にネットで検索したところ、ゴーダチーズで有名なオランダのゴーダ地方が発祥の有名なお菓子なのだそうです。私はオランダには、Eindhofenというフィリップスの城下町と北ドイツからクルマで少しドライヴしたことくらいしか訪問の経験がなく、伝統の食事やおやつなどの情報はほぼありません。このお菓子はドイツで言えばレープクーヘンのようなものでしょうか。

IMG_3930b.jpg

さて、このお菓子、単に袋から出して口に入れるだけのものではないことが、検索して理解できました。カラメルがワッフル型のビスケットに上下から挟まれているので、紅茶などのカップにこのストロープワッフルを蓋するように置いてしばらくすると、中のカラメルが熱と蒸気で温められて柔らかくなり、それをちぎって食べるとのことです。

早速試してみましたが、カップの上に3分も経たずに柔らかくなり、ちぎるとカラメルが糸を引くような感じに柔くなります。ワッフルも同様に蒸されたような感じで柔らかくなり、味は違いますが、ちょうどぬれ煎餅のような感触が近い表現のような気がします。

肝心の味ですが、結構甘さが強いです。私は甘いのも好きなので問題なく美味しくいただきますが、紅茶に砂糖を入れなくてもこのストロープワッフルの甘さだけで一緒に美味しくいただきました。また単にカラメルの甘さだけではなく、シナモンが練り込んであるのか、冬場に熱い紅茶と一緒に食べるのはちょっと幸せを感じてしまうような気持ちになれるような気がします。(感じ方は人それぞれでしょうけど..)

このストロープワッフルを最近毎日1枚づつ頂いています。無くなったらまた買いに行きそうな感じです。


タグ:Stroopwaffles
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

Yosimo イチジクジャム [グルメ]

IMG_3562b.jpg

今回は久しぶりにメルクリンでも鉄道でもなくジャムの話。

先日高崎で異業種ながら地元でご活躍の方々が集まる懇親会に招かれました。主催者の企業は東京に本社があるものの、地元群馬に工場を持ち、群馬とは古くから縁のある会社です。この会社が最近アグリ事業に参入を果たし、帰りに主力商品の入った詰め合わせをお土産に頂きました。その中の1つが画像の「イチジクジャム」です。

イチジクジャム自体が中々食べる機会がなかったのですが、イチジクは好物なので早速開封、トーストしたパンにつけていただきました。瓶のパッケージが醸し出す雰囲気同様、原材料は果実のほか、グラニュー糖と酸味料と酸化防止剤のみ。ジャムで使うイチジクは輸入物が多い中、自社で栽培された果実のみを使っているとのことで、真面目さが滲み出ています。というのは、この企業は本体が全く異業種であるのですが、本業である工業製品製造業らしい生真面目すぎる面もあるように感じました。

IMG_3493b.jpg

というのも、ジャムの色が残念ながら美味しそうには見えづらい彩度の低い色合い。発色が悪いのは添加物が少ない証拠ではあることは十分に理解できるものの、「美味しそう」に見えるのは発色と大きな関わりがあり、消費者が欲しいと思う気持ちになるのは目から入る情報が頼りなので何とかしたいところです。トーストしたパンにつけて食べるとちょっと煮詰めた手作り感のある味わいで華やかな食感から少し離れた印象。でも美味しい。
イチジクジャムといえば、私の最も好きなこれを使ったお菓子にフランスのLUという会社のイチジクジャムを挟んだお菓子があるのですが、それのようなイチジクらしい香りと存在感からは離れた..イチジクらしさが薄い感じがしました。

IMG_3729b.jpg

と言うことで、他の食べ方はないかと思い、無糖のプレーンヨーグルトにかけて試してみました。すると、ヨーグルトの水分が適度にジャムと合わさったためか、イチジク本来の香りがトーストにつけたときより際立ち、遥かに美味しく頂きました。と言うよりヨーグルト自体が高級感あふれる美味しさに変身した感じです。出来合いのフルーツ味のヨーグルトを凌駕しています。

個人的には、この真面目なモノづくりの精神がジャムにも息づいている良品と感じましたが、欲を言えば、瓶やフタのパッケージ、ラベルの果実情報を含めてもう一工夫あれば今より販売にも弾みがつくように思いました。「ヨーグルトにぴったり」などとも記せばとも思います。

この商品、どこで手に入れることができるか? と少し調べたのですが、Yosimoブランドのネット通販サイトにアクセスしたらサプリメントとジュースのみしかありませんでしたが、問い合わせると良いのかも知れません。

参考サイト:Yosimo ショップ

タグ:Yosimo
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

APERITIVO ITALIANO / IGN NIEDEREGGER [グルメ]

b1511.jpg

北ドイツのハンザ都市リューベックに住んでいる知人が一時帰国して久しぶりに再会を果たした。その知人からお土産の1つとして頂いたのが上画像のお菓子である。
IGNと言えば、ドイツでは有名なマジパンメーカーで、リューベック生まれである。以前にもこのブログで紹介したこともあるのだが、今回は初めて見るオレンジ色のパッケージを纏ったチョコレートコーティングされたマジパンである。名前は「APERITIVO ITARIANO」。イタリアの国旗もパッケージに印刷されているリキュール「Bitter Aperitiv」がマジパンに練り込まれている。

b1530.jpg

さて、このマジパンを口に運ぶと、オレンジリキュールとオレンジの皮が口の中に広がり、上品な味付けとビターチョコのコーティングとの相性も良い。マジパンはアーモンドの粉を加工して出来るお菓子であるが、日本人にはあまり馴染みがないためか、万人にお薦めできるとは言えない。ただ、コーテングしてあるチョコとの相性も良く、ドイツに行った時は1度試してみるのも良いと思う。

参考サイト:IGN NIEDEREGGER
http://www.niederegger.de/
タグ:IGN
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Les Paletes de La Mère Poulard [グルメ]

b15422.jpg

今日、コーヒー豆を買いに輸入食品店に行ったところ、前から目をつけていたフランスの焼き菓子の500g缶(上画像)が安売りされていたので買ってきた。お店には同じメーカーの2つの種類が売られていて、在庫の少なかったパレットと呼ばれるクッキーである。

これは、世界遺産として日本でも有名なモンサンミッシェルにあるホテルレストラン「ラメール・プラール」という老舗のお菓子である。お土産としても有名のようで日本でも紙箱入りのパレットやガレットが結構安価に入手出来る。
缶には、美しいアールヌーボーの絵柄に創業者であろうプラール夫人の絵とモンサンミッシェル島が描かれていて前から気になっていた。ただ、500gもあるのでちょっと値段も張るので控えていたのである。

b15610.jpg

缶の中身は紙箱入りの中身と同じである。既に何度かこのパレットやガレットは頂いており、安心して食べることができた。良質のバターを使ったオリジナルレシピに基づいて作られているビスケットの美味しさはコーヒーにも紅茶にも合う。

さて、これをブログに記そうと思ってちょっと調べたところ、何と有楽町の国際フォーラム内に直営?レストランが昨年開店している。ここでは、モンサンミッシェルのお店と同じ名物料理のオムレツが看板料理らしい。私自身は、いつか訪れてみたいと思っているモンサンミッシェルであるが、現地と東京だけで味わえるとすれば、フランス迄旅行せずに味わえるモンサンミッシェルの伝統料理をここで試すのも良いであろう。(お値段も良いようであるが...)..以下サイトアドレス。

http://www.la-mere-poulard.jp/

なお、このクッキーはフランスから輸入されたものだけであると思う。そして、モンサンミッシェルの同店舗はホテルレストランとなっていて、とても良い雰囲気である。やはり名物料理は現地で頂くのが良いかもしれない。

[ビスケット/仏語]
http://www.biscuiterie-mere-poulard.fr/fr
[ホテルレストラン/英語]
http://www.merepoulard.com/en/the-hotel
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

(日本の?)ORANGINA [グルメ]

b12804.jpg

前にこのブログでフランスのオレンジ風味清涼飲料水「ORANGINA」について記事を書いたことがある。この時はガラス瓶入りで輸入されたものであったが、今回のそれはペットボトル入りでボトル形状も異なる。画像でも確認出来るが、トリコロールのエチケットが付いていてフランスの飲み物ということを強調したデザインになっている。そのエチケットを見ると「オランジーナをより楽しむ秘訣」として、開栓前にゆっくりとボトルを逆さにして底に溜まった果実分を混ぜる旨を記してある。

販売者はサントリーフーズとあるので、日本製なのかも知れない。早速飲んでみると先日のオランジーナの味と同じで微炭酸の感触と程よいオレンジピールの苦みを感じる...が、若干甘みが強いかも知れない。もしかすると日本人向けに味が調整されているかも。このあたりは、2つのオレンジーナを同時にテイスティングしないとわからない。

嬉しいのは、このペットボトル入りのオレンジ飲料が近所のデパ地下スーパーで88円で買えることである。今迄はこの手はゴクリ(グレープフルーツ)ばかり飲んでいたが、このオレンジーナも簡単に手に入るようになったことで、フツーに飲める好みの飲料の選択肢が出来たこと..である。

以下、オレンジーナ(日本)のウエブサイトである。
http://orangina.jp/top.html

アマゾンジャパン ORANGINA
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Weiße-LebkuchenとStollen [グルメ]

b1160740.jpg

今年も忙しない日々が足早に過ぎ去り、もうクリスマスも通り過ぎたという印象である。これから年末迄大掃除に明け暮れる日々である。
クリスマス迄に食したレープクーヘンの一つが、上画像のWeiße-Lebkuchenである。レープクーヘンと言えば、通常砂糖やチョコレートが掛かっているのであるが、これには何もコーティングされていない。それゆえ、素材の素朴な風味を楽しみたい向きにはうってつけであるが、私も含めて家族にはやや不評のレープクーヘンでもある。おそらく、チョコなどが一般の手に入る前にはこのレープクーヘンが普通だったのかも知れない。

b15183.jpg
b15182.jpg

画像はStollen。最近は近所のパン屋さんでも入手出来るドイツのクリスマスケーキである。Lenkuchen同様、長期保存が出来るので、SchmidtのStollenも日本の我が家で食べることができるのは嬉しい。昨年は、同じ輸入物でも値段の安いStollenを輸入食品で購入したものだったのでイマイチとの家族の評判に対して、今年のは美味しいと上々である。確かにドライフルーツとナッツも多くアルコールもほんのり香り、Stollenの中では絶品だと思う。
タグ:Lebkuchen Stollen
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Lebkuchenず [グルメ]

b12422.jpg

明日は、アドヴェントも3つめの蝋燭に灯をともす。つまり3週目に入る。クリスマス迄の日にちが刻々と迫って来るようで、忙しい日本の暮れとゆっくりと楽しい日を待つドイツとの生活の差を一番感じる時でもある。
そうしているうちに、我が家のレープクーヘンも着実に減って来ている。その都度撮影しているので、今日は纏めて3つのレープクーヘンを...。

b12219.jpg
b12305.jpg

最初は、Domino Stein(ドミノ石)という名前。レープクーヘンとは言い難いお菓子であるが、これも生地はレープクーヘンに近いもの。立方体の生地にはジャムが挟まり、チョコレートコーティングされている。最近は、近くの輸入食品店でも売っているのを見掛けた。メーカーは違ったが..。

b11805.jpg
b11733.jpg

これは、最も伝統的なオブラート仕立てのレープクーヘンである。丸形で砂糖掛けである。中央に木の実が載っているのとないのとがある。

b13442.jpg
b13814.jpg

最後は、今回初めて食べたレープクーヘンで、「Eliesen Schnitte gebrannte Mandern」と言われるもの。チョココーテングされた四角いレープクーヘンにクラッシュアーモンドが降り掛かっているもの。おそらく新商品だと思うが、これが美味しい。多くの日本人の口にも合いそうな感じである..。(これは勝手な思い込み?)

シュトーレンもあるのだが、これはクリスマス直前迄のお楽しみとしたい。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

1. Advent mit Lebkuchensterne [グルメ]

b111-11-27 15 00 13.jpg

今年のアドヴェントは、今日迄来週の日曜日かと思っていたのであるが...。娘の学校での話では、今日が第1アドヴェントということで、午後から慌ててクリスマスの準備に取りかかった。
アドヴェントは、クリスマス前の4週間を差す。そして日曜日が4回あるので、日曜日毎に4本の蝋燭を1本づつ燭灯する。今年は12月25日が日曜日のため誤解していたのだ。つまり今年の第4アドヴェントは、それより一週間前の12月18日となる。ドイツ各地では今日からマルクトプラッツなど中心広場でWaihnachtsmarkt(クリスマス市)が行われる。長くて寒くて暗いドイツに光り輝くひとときをもたらすアドヴェント期間は、キリスト教文化圏では最も長いお楽しみ期間でもあろうか。

ドイツでは、クリスマスツリーはイヴに飾り付けをするのが通例であったが、日本では12月25日を過ぎるとすぐに正月準備と目まぐるしいため、帰国後の我が家はアドヴェントに入ったらすぐにクリスマスツリーを飾るようにしている。
そして、クリスマスツリーの飾り付けが一段落した3時頃には、アドヴェントの象徴でもある4本の蝋燭の1本目に燭灯し、先日このブログでも触れたSchmidtのレープクーヘンを紅茶と共に頂くことに..。(上下画像参照)

http://ep.yimg.com/ca/I/gdcom_2182_121062250

子供達、特に上の息子はレープクーヘンに目がない。日本人で一番レープクーヘンが好きなオトコと言ってはばからないのである。今日食べたレープクーヘンはLebkuchensterne(星形レープクーヘン)である。砂糖掛けとチョココーティングしたものと2種類で、チョココーティングされたものは中に杏ジャムが入っていて、伝統的なオブラート付きのものより軽めの味で初めて食べる向きにも良いもの。逆に言えば、正統派には若干邪道かも知れないが、レープクーヘンには変わりなく、美味しい。
但し、あくまで味覚は個人的な印象であるので、全ての方におススメする訳ではないことを先にお断りしておく。
タグ:Lebkuchen
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Lebkuchen-Schmidt 2011 [グルメ]

b15073.jpg
▲ 届いた小包に興味津々のミースケは、箱から離れようとはしなかった...

ドイツから小包が届いた。ニュルンベルクからである。中身は模型では...ない。昨年は注文しなかったら、どうもクリスマス前の雰囲気が出ず、子供達からブーイングが浴びせられた。私自身、このお菓子のないアドベントは考えられないと反省し、今年は間に合うように注文したのである。

b15074.jpg

そう、レープクーヘンである。ニュルンベルグの中心にあるMarktplatzに歴史的な店構えを持つSchmidtのものである。数年前には変圧器塔形の缶入りレープクーヘンに50年代か60年代のメルクリンポスターが印刷されたこともあるレープクーヘンである。その後はこの変圧器塔形の缶入りは毎年出ているが、メルクリンなど模型関連のポスターは見なくなった。
1度でも注文すると、毎年郵送で通販向けのパンフレットが届くのだが、以前に比べて多くの種類が詰まったセットが増えている。これは、やはり海外発送の場合、送料が嵩むためであろう。以前は考えられなかったことであるが、今年は最大サイズのセットの量は種類が多過ぎてそれより小さなセットを注文した。
Lebkuchenもようやく日本でも認知されつつあるが、まだ日本製のものは聞いた事がない。一部輸入されている程度であろうか。子供達もドイツのそれしか知らないので結局Schmidtのを注文するしか選択肢がないである。まぁ、品質も高く年に一度のことである。ドイツよりはかなり割高にはなるが致し方あるまい。

まだアドベントにもなっていないし、今年は寒くなるのが遅く、クリスマスの雰囲気も今一歩である。試食も含めてアドベントに入る前はおあずけにしておこうと思う。

参考サイト:Lebkuchen-Schmidt
www.lebkuchen-schmidt.de/
タグ:Lebkuchen
nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理