So-net無料ブログ作成
Maerklin-Allgemein ブログトップ
前の10件 | -

Sommerneuheiten 2019 [Maerklin-Allgemein]

昨夜、日本時間の午前2時からメルクリン公式YouTubeページで夏の新製品が発表されました。このようなライヴで新製品を広く世界同時に発表することはメルクリンでは初の試みです。いつもは春や秋の新製品に比べてさほど多くの興味深いものが多くはないイメージがありますが、今回はこうした動画配信を含めて事前告知をしていたため、期待も膨らみます。

そしてその動画を今回ライブ配信から遅れて先ほど見ることができました。以下参照。

Veröffentlichung der Sommerneuheiten 2019 von Märklin, Trix und LGB / TouTube

おそらく同時にいつものPDFデータもメルクリンは公式サイトに配信されました。

Sommerneuheiten 2019

事前にある程度の期待はしていた今回の新製品ですが、アイテム数は限られているものの内容は並々ならない意欲を感じます。

H0では、BR290(V90)のウエザリング仕様、新しい小型TELEXカプラーの他、初めて動きのある運転士が乗っています。フランス東部鉄道(État)の13形(後のSNCF 241A形)蒸気機関車+CIWL客車8両セット(シンプロンオリエントエキスプレス)は今までで最高のレベルの仕様に見えます。CIWL客車はファンクションデジタルデコーダー付きでギミックも盛りだくさんのようです。初めて尾灯も装着しています。ただ、新金型での製品ではなくTRIX時代からの木造客車がベースのため、次世代のCIWL客車の登場が待ち望まれるところです。

ウニモグの架線工事車両は、Viessmannとのコラボ製品とのこと。駆動用モーターやデコーダーは無蓋貨車に積載されているとのこと。レイアウトのシーンに欲しくなるアイテムです。

年少向けStart upシリーズでは、色鉛筆が無蓋貨車に積載されているモデルが告知されています。何か見覚えのあるモデルですw (メルクリンが当ブログを見てリスペクトしたなら感激です)

1番ゲージでは、H0でリリースした241A機関車が1/32で告知されています。重量も8Kgを超えるそうでサウンドのほか、発煙ギミックも煙突だけでなくシリンダーからも機能するとのこと。ZゲージはBR141とシルバーリンゲのプッシュプル客車3両セットです。

ちょっと気になるのは、CS2/3に接続できる発信器とハンドタイプの無線コントローラRC3です。確か春の新製品でも告知されていたと思いますが、改めて告知されています。今までも無線ルータをCS2/3に接続することでスマートフォンやタブレット端末でアプリを使って無線遠隔制御できましたが、こうして純正コントローラを使っての製品化は何か特別の意図があるかも知れません。(なお、この製品は無線なので日本国内では使用可能か未確認です)
*ライブ放映では、屋外鉄道向けに開発したものの、CS2/3で制御できる全てのモデルで使える製品のため、メルクリンH0やTRIX H0、MINITRIXなどでも利用可能なことを強調していました。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Veröffentlichung der Sommerneuheiten 2019 von Märklin, Trix und LGB [Maerklin-Allgemein]

例年なら、そろそろメルクリンなど3つの鉄道模型ブランドの夏の新製品の発表が気になり始める時期ですが、今年はYouTubeでライブ配信による新製品発表があるとアナウンスされています。以下はYouTubeのメルクリン公式チャンネルのアドレスです。

Veröffentlichung der Sommerneuheiten 2019 von Märklin, Trix und LGB

夏の新製品発表は、日本時間でゴールデンウィーク明けの5月10日(金)午前1時〜とのこと。時差の関係で夜中になってしまいますが、この新しい試みはどのような発表になるのか楽しみです。
タグ:Neuheiten 2019
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1960年代のメルクリン小冊子 [Maerklin-Allgemein]

IMG_4101b.jpg

平成も終わりが近づき、新しい令和の時代が目の前まで来ていますが、手元にある1960年代と思われるメルクリンの小冊子を紹介したいと思います。
上画像は表紙ですが、M式レール上にクロコダイルと44形機関車が並んでレイアウトされています。裏面は、クロコダイルにはブリキの2軸客車が連結していて(実際はありえないでしょうが..)、44形にはブリキ製Gruppe53(UIC-X)1等客車が連結されています。(これもないでしょう)

IMG_3807b.jpg

まず、メルクリンの鉄道がどのようなものであるか、メルクリン社の歴史からテキストと写真で解説しています。

IMG_3811b.jpg

そしてメルクリンH0モデルについての解説です。アナログモデルの操作など解説ですが、ここでは頑丈さを前面に出してその信頼性を訴えています。

IMG_3812b.jpg

冊子の中央に載っているのは、オーバル形レイアウトとポイントや信号機が配置され4台の機関車が置かれている写真です。信号機で制御しているのでしょうが、アナログレイアウトで4台の機関車をどうコントロールしているのかはナゾです。

IMG_3814b.jpg

当時メルクリンを輸入販売している朝日通商(株)と、メルクリンをこよなく愛した古谷氏、篠原正瑛氏の対談形式でのメルクリンの評価と議論です。当時からメルクリンの交流方式と他社の直流2線式の評価の議論など、今やメルクリンはデジタル化と共に交流式が正当に評価される時代になりましたが、アナログ時代の議論は興味深いです。対談の中で、Schuco社のミニカーもシュタイフと共に当時朝日通商が輸入販売を担っているという記述がありますが、今やSchucoはメルクリンと同じグループにあるわけですから、その先見性?には目を見張ります。

IMG_3818b.jpg

最後のページは、メルクリン社と輸入総代理店の朝日通商(株)の名前が印刷されています。日本では総代理店はありませんが、当時のような商品の高額設定もほぼなくなり、インターネットの時代で情報もモデルも入手はしやすくなりました。ただ、こうした小冊子を見ると、幼少時代ではありましたが、昔の古き良き時代があったことも思い出してしまいました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Insider 送付物 2/2019 [Maerklin-Allgemein]

IMG_4073b.jpg

数日前にメルクリンからインサイダーニュース、メルクリン・マガジン、そして自動車モデルのSchucoによるMHIモデルとして1:18/1:32/1:43/1:87モデルのフライヤーが手紙と共に届きました。
インサイダーニュースでは、V320とそれに合わせた客車群のモデルについての詳細など購買意欲をそそる記事や新しくリリースされたH0とZの広告貨車紹介、ドイツを中心としたクラブ活動のレポートなどが中心でした。

Schucoは、歴史ある自動車モデルメーカーですが、メルクリンと同じSimba-Dicky-Groupの一員です。今までもメルクリンモデルにはSchucoの自動車モデルが積載されていたりと、この2社の相性は良いものでしたが、今回のMHI製品のパンフレットはSchuco社ブランドを掲げたものなので、MHIモデルを扱うメルクリンディーラーで購入できるものでしょう。今後益々メルクリンとSchucoのコラボレーションを意識た製品が出てくるかもしれません。

もう1つ今回特筆すべき点としてメルクリン・マガジン2/2019に昨年11月に行われた大阪のバーデン谷九さん主催によるOsaka Z Day 2018の記事が掲載されました。この時の模様は以下のサイトで観れます。
Osaka Z Day 2018 / Baden 谷九
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Märklin TV Folge 97 [Maerklin-Allgemein]

97回目のメルクリンTVが以下YouTubeにアップされていました。

Märklin TV Folge 97 / YouTube

今回はH0新製品のICE4の開発進捗状況、インサイダーモデルV320の量産先行モデル製作風景、メルクリネウムに制作中の巨大レイアウト、ハンガリーGyor工場での44形の製造レポートです。

ICE4の開発では、DBの新しい車両表記に基づいた各種ピクトグラムやレタリングの多さと複雑さについて、漏れなく正確に表現する課程について話されています。さてICE4は他にPIKO(H0)とKATO(N)が製品化を予定しています。どこまでメルクリンに迫れるか..ではなく実車に迫れるかですね。3社揃ってリリースされたらこの辺りを比較するのも面白いかも知れません。

V320は量産先行モデルの製造風景ですが、映像をみると結構な数を生産していることがわかります。これらモデルで再度テストを重ねたり、製造ラインの組み立て工程の検証などデータを取るのでしょう。

メルクリネウムは現在フラッグシップストアのみ営業していますが、今後IMA会期中のオープンに向けて現在鋭意準備中のようです。特に見所の巨大レイアウトは、メルクリンの所在地であるシュバーベン地方の鉄道の歴史をH0で体験できるよう準備されているとのこと。Ep.Iから現在のEp.VIまでの列車が行き交うレイアウト風景が広がる光景を早く目にしたいと思います。

44形モデルは、すでにハンガリーGyorでの量産モデル製造の様子をレポートしていますが、既にここの工場での稼動も長いので、高度なモンタージュの技術を持った職人も多いのではないでしょうか。安定した品質をドイツではなくても実践できることが見て取れます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4644 Mineralöl-Kesselwagen "BP" / DB(P) Ep.III(青箱) [Maerklin-Allgemein]

4644タンク貨車b.jpg

先日アップしたBPタンク貨車モデル(4644)のコメントでNS Eisenbahnさんからご自身でお持ちの同型モデルの画像をいただきました。ご好意で画像を公開する許可もいただきましたので、記事化してアップすることにしました。

以前の記事で、4644は大まかに以下3つのロットの時代があることを記しました。

1967 - 1976年(水色箱・レレックスカプラー)
1977 - 1992年(青箱・レレックスカプラー)
1992 - 2002年(白箱・ショートカプラー)

この画像モデルは、2番目の1977年から92年のモデルにあたるのではないかと思われます。(但し、過渡期のモデルはこれとは別のバージョンもあるかもしれません)

4644プレートb.jpg

上画像は表記板のアップですが、「Deutsche BP Aktiengesellschaft」と所属会社名が記されています。以前の水色箱のモデルと比較すると格段に精細となり印刷技術の向上が良く理解できます。
ただ、最下段の白帯に抜き文字が印刷されている部分は潰れてしまって判読不能です。現在の技術ならこの部分もクリアに印刷可能かも知れません。

IMG_3907b.jpg

上画像は、このモデルがリリースされていたであろう1978年日本語版カタログの4644です。このカタログにもしっかり価格を記していました。この時点では45XX系貨車はカタログから外れ、前年から新たに樹脂製台枠を持つ44XX系タンク車や冷蔵車、有蓋車などがリリースされています。

さて、気になるのはこのモデルの実車ですが、残念ながら手元にある資料では確認できませんでした。しかしこのカタログにも記されてあるようのドイツの標準型タンク貨車と想像できるので、モチーフとなった車両は存在があるものと思われます。

以下、NS Eisenbahnさんからは、

モデルに容積や長さのレタリングがないものの、プレート表記から容積40立方メートル程度と想像でき、実際、1962年LHB製の軽量構造オイルタンク車に、特徴がよく似た車両があります。
なおプレート右下の表は、積載重量による軸重と運転許容速度、長さ当りの重量の関係を示す負荷制限(許容)表です。たとえばAは積載20.5tなら軸重16tで速度100km/hまで。またグロス重量をバッファが伸びた状態での全長で割った値が5t以内を表します。

との説明がありましたのでご紹介いたします。

Special Thanks: NS Eisenbahnさん
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メルクリンカタログと価格表 [Maerklin-Allgemein]

IMG_3837b.jpg
▲ 前にも掲出した1971年版カタログ

前回の記事で恥ずかしながら私の手元にある1971年日本語版カタログをアップしましたが、恥ずかしかったのは落書きのような酷い文字で幼かった私が記した販売価格の文字が踊っていたこと。

ところがその後、お二人の読者の方から古いカタログに金額をペンで記した画像を頂いた。

ASb.jpg
▲ 読者から頂いた私と同じ1971年日本語版カタログ。

Maeklinカタログ68-69_ページ_2b.jpg
▲ 別の読者から頂いた1968/69年英語版カタログ

みなさん、当時は同じことをやっていたのだ..と、ちょっとホッとしました。しかし、なぜ私と同じように価格をカタログに直接記すのか、小学生だった自身の記憶を辿ってみると、答えが見えてきました。

IMG_3838b.jpg

これは、1973年のメルクリン価格表です。当時、カタログを購入すると総代理店の設定した定価を記した価格表が付いてきたのです。で、私はいつも欲しいモデルと価格表をにらめっこしながら価格の確認をしていたのです。でも、毎回確認するのは効率が悪く面倒臭い。かといって全てのカタログ記載モデルの価格を記憶できるほどの能力もない...となると、直接カタログに価格を記すというのが自然な流れなのだと気付きました。

考えてみれば、新しいカタログを販売店から買ってきて、価格表とにらめっこしながら欲しいモデルのチェックを価格を記しながら確認する作業は案外楽しいひと時だったのかも知れません。メルクリンは、小学生だった当時の私には高嶺の花でしたから、こうしてモデルを手にできる日を妄想しながら価格表片手にカタログに価格を記入する作業も私なりのメルクリンの楽しみの1つだったのかもと思います。
タグ:Katalog
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Märklin TV Folge 96 (Spielwarenmesse 2019) [Maerklin-Allgemein]

Märklin TV Folge 96が以下配信されました。今回のテーマはもちろん先日終了したニュルンベルクの国際玩具見本市です。

YouTube動画

メッセで展示されたハンドマスターモデルを早速動画で見ることができるのは嬉しい限りです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Märklin TV Folge 95 Neuheiten 2019 [Maerklin-Allgemein]

メルクリン/TRIX/LGB3つのブランドを持つメルクリングループの新製品が昨日公式に発表されましたが、私も含めて、今回の興味深い新製品群に興味を持って早くモデルを見たいと思ったファンも少なくないでしょう。
今回、新製品発表とほぼ同時にそれらのハイライト製品を中心に紹介した動画、メルクリンTVも新しく配信され、YouTubeにアップされていますのでリンクを貼ります。

Märklin TV Folge 95 Neuheiten 2019

このビデオで、昨日アップした気になるモデルのうち、218形の屋根のディテールなど、画像では見えなかった少し深い部分まで知ることもできました。

新製品パンフレットの画像やテキストと合わせてハイライト製品の動画を観ながら今後の計画を立てるのも良いかも知れません。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Neuheiten 2019 [Maerklin-Allgemein]

先ほど、メルクリン公式サイトから新製品が発表されました。以下ページを参照。

新製品 2019

全体をざっと見てみましたが、今年は随分気合が入っているという第一印象を持ちました。

その中で気になったH0モデルを取り上げてみたいと思います。

31100/41920 Primex
久しぶりに登場したPrimexブランドを付けたモデルです。Primexブランドは、スーパーなど一般量販店で販売する廉価版モデルに付けられたものですが、結局メルクリンに集約されて現在に至ります。ただ、Primexのブランドを残すためにこうして何年か一度実績づくりでPrimexブランドで製品化をしているようです。しかし、今やPrimex自体がコレクターアイテムとなっている側面もあるようで、待ち焦がれたファンもいるかもしれません。モデルはE44形とブリキ客車3両セットです。E44は電球をそのまま前照灯としている、かなり古い金型を引っ張り出して作り出したモデルで、それだけでも歓迎されるかも知れません。客車についてもブリキ製で古き良きメルクリンの香りが残るレプリカと言えるでしょう。機関車はデジタル化されていますが、機能は最小限です。

36344 Köf III BR 333 (Ozeanblau/Elfenbein)Ep.IV
新型テレックスカプラー搭載です。以前よりかなり小型化されました。今までのテレックスカプラーは大きすぎて目立ってしまいましたが、小型化されて見た目がスッキリしました。サウンドも奏でます。

46913 Eaos 106
貨車セットと同形の別売りモデル。最後尾に連結される尾灯の付いたモデルでmfxファンクションデコーダーを搭載し、サウンドを奏でます。貨車にサウンド付mfxデコーダー搭載モデルは珍しいかもです。

39218/39219 BR 218 Touristikzug塗装
218形は重連運用を前提としているので2機が別売りで用意されています。いずれも屋根上のルーバーが別パーツで構成されたディテールアップされています。

43878 WRmz 137 Touristikzug塗装
Touristikzugの食堂車です。これは改造車両で種車はWRbumz 139.0「Quick Pick」です。つまりこのモデルをベースにEp.IV仕様のQuick Pick食堂車モデルやその後のEp.VのBord Restaurantモデルのリリースも視野に入るカモです。期待が大きいモデルとなりました。

29730 スタートアップ組み立てブロックモデル
以前スタートアップシリーズにレゴブロックを付けられるフラットカーのモデルがリリースされました、今回の製品は完全にブロックで構成された機関車と貨車のスタートセットです。これもレゴブロックとコンバチなのでしょうか。

43165/43125/43135
yl-Wagen3種です。久しぶりの完全新金型客車モデルです。随分前にZゲージでこのモデルが登場し、H0もすぐリリースか?と期待したものの、今まで中々リリースされませんでした。Wendezug(プッシュプル列車)制御客車もあり、ローカル線のレイアウトに重宝しそうなアイテムです。このモデルが登場すると、私の期待は中央扉のないGruppe 53タイプのD-Zug向け客車の登場です。

39150 BR 103.1
ショートキャブタイプの103.1形モデル。菱形パンタグラフ装備なので1970年代初期から中期の仕様と思われます。モデルの説明に新開発と記されていますが、何が新開発なのか知りたいところです。パンタグラフが上下します。

[追記] モーターは車体中央に設置。カルダン駆動になっているとのこと。これがショートキャブの103.1形モデルで初めてなのかは未確認です。

47360 Post貨車
郵便貨車は、中々リリースされなかったので、地味ながらもちょっと嬉しいモデルです。

42982 DR客車セット
メルクリンからは中々DR(東独国鉄)モデルがリリースされなかったので旧東独出身者やDRファンには嬉しい新製品と思われます。ただ、Tilig社のOEMです。

37313 BR 111(S-bahn塗装)
S-Bahn塗装の111形機関車です。パンタグラフが上下します。残念ながら今回も樹脂ボディです。金属製ボディに進化して欲しいモデルです。

36182 Vectron MRCE
日本の商社、三井物産系のMRCE社のリース機関車です。Vectronは今やSIEMENS機関車の花形で欧州各国で活躍しています。この機関車ほど塗装次第で美しくも、それなりに見える機関車も少ないでしょう。黒いMRCE塗装は車体が引き締まって良い感じです。

36195 Vectron BR 193 SBB Cargo International
Vectronの中で最も美しい塗装を纏ったモデルの1つでしょうか。4電源を持つ国際運行を前提としている機関車なのでスイス以外のレイアウトでも楽しめます。

42731/42723/42744
ÖBBのIC最新塗装客車。28,2cmモデルでは初めての同塗装ÖBB客車でしょうか。

42906 Berlin - München Express客車セット
ベルリンとスウェーデンのマルメを結ぶ民間による夜行列車セット車体左右で塗装が違うようです。しかし、実車の種車が簡易寝台車のBcm 243ですが、メルクリンモデルには簡易寝台車モデルが用意されていないためBm 234で代用しているようです。

36206 CD シェコダ機関車
昨年の新製品で登場したチェコのシェコダ社製モデルのバリエーションです。

43762/42745/42746 CD 客車
メルクリンから初登場のチェコ国鉄(CD)の客車3両。ブルーのツートンカラーは日本でも人気のある客車です。ドア周りのデザインがDBの客車とは異なるため、作り分けています。

このほか、スロバキア国鉄のシェコダ機関車も発表され、今後東欧地域の車両が次々とリリースされる可能性が高まってきました。個人的には派手な塗装と高質なサービスで人気のチェコのRegioJet塗装のVevctron機関車と客車がリリースされればと思ったりします。(既発売のモデルに塗装変更のみで可能です)

60041 - 60045
久しぶりにトランスが新しくなります。出力は今までと同じですが、デジタル専用トランスで100V-240Vの可変入力仕様となっています。コンセントプラグがUS仕様と同じ日本ではUS仕様がそのまま使えるとは思いますが、日本の当局の認可がないと販売はできません。PSEマークの取得が必要。

Cレールターンテーブル
今年の新製品の目玉かつサプライズでした。今までのKレール仕様のターンテーブルはフライッシュマンのOEM製品でしたので、Cレールのターンテーブルの登場が待たれていたところです。サウンドも奏でるようですし、CS3のアプリケーションにアップデートで専用の操作表示が組み込まれることを期待します。

そのほか、今年はスイスのクロコダイル100周年ということもあって24金を施したクロコダイルモデルなどスイス向けモデルが充実しています。
スイス以外も興味深いモデルは多々出ているのですが、とりあえずこのくらいにしておきたいと思います。

*上記はあくまでも個人的な感想を述べたものです。誤りなどありましたらご指摘いただければありがたいです。

[EDIT] 2019-01-17
タグ:Neuheiten 2019
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - Maerklin-Allgemein ブログトップ