So-net無料ブログ作成
まちづくり ブログトップ

お店ぐるりんタクシー@高崎 [まちづくり]

IMG_5529b.jpg

少し前から高崎市で始まった「お店ぐるりんタクシー」。当初からこの試みに関心があって眺めていたのですが、今日初めて利用してみました。

IMG_5530b.jpg
▲ ぐるりんタクシーのルートマップ

この試みは、高崎市がタクシー用の2台のクルマを使って高崎駅と中心市街地を巡回運転するライドシェア型タクシーです。ライドシェアといえば、私が最も注目しているのが、ドイツのハンブルクやハノーファーで展開しているVW運営のMOIAですが、MOIAはスマホアプリと連携していて課金もされます。また運行範囲は市内全域でルートはなく、アプリで呼び出す仕組みです。

一方、高崎市のぐるりんタクシーは単純そのもので、ルート上で走っているのを見かけたら手を挙げて停め、行き先を告げれば良いだけです。
しかも誰が利用しても無料という太っ腹なサービス。距離としては駅から徒歩15分圏内程度の範囲の運行ですが、高齢者やハンディキャップを持った人、大きな荷物を持った人には重宝する移動手段だと思いました。

運行時間も午前10時から午後6時まで15分間隔で毎日運行しています。流石に我が家の前はルートになっていませんが,ルートに近いので歩いてノボリの立っているあたり(ルート上)まで行けば拾うことができます。

IMG_5535b.jpg

タクシーという位置付けもあって、バス停のような停留所はなく、走っているのを見つければ手を挙げて拾えば良い仕組みです。そして相乗りなので先客が居ても4人まで乗車可能です。今回は、誰も乗っていなかったので乗客は私一人。運転手さんに質問をしてみると、毎日60〜70名の利用者があるとか。
多いのは、女性と高齢者。私のような高齢者でもない男性は、ほぼ居ないようです。

と..言うか、この移動手段はまだ広く認知されていないので、まさか誰でもタダで利用できるとは思わないのでしょう。私も当初、このタダという謳い文句にやや抵抗があり、車に近づいてみるとドアに「初乗り¥780」のシールが貼ってあるのです。これに怯んでしまいました。このシールは無料に対する抵抗以外の何物でもありません。

IMG_5533b.jpg

しかし今日は、好奇心には勝てずに乗ってしまいました。この2台はトヨタのミニバンで車椅子用リフトが後部に備わっています。どうやら新車のようです。運転手は地元大手タクシー会社が委託を受けているようです。

つまり、税金で運営されているわけですから納税者としては利用しない手はないです。しかし、やはりというか行政のやることは問題だらけと感じています。つまり、告知の方法、その準備が全く未熟です。パンフレットにはツイッターとフェイスブックと高崎市のHPがQRコードで印刷されています。そこでFacebookを開いてみると、アカウントがあるだけの状態でした。投稿といえばプロフィール写真がアップされたというものだけです。つまり仕組みは作って走れせたけれども、宣伝はほとんどせず、認知されずに利用者は増えないというパターンです。

本来なら、ここをしっかりしないと、いくら良いものでもうまく機能しません。行政は敢えて大ごとにはしたくないのだろうか..と疑いたくなるレベルです。

それでも女性の口コミなのか、私が降りた場所ではしっかり1人の女性客が待っていて入れ違いに乗り込みました。

IMG_5531b.jpg

このサービス、宣伝すればきっと大化けするでしょう。なにせタダ(税金支払い)なのですから。利用者が少ないと、この試みも失敗の烙印を押されて廃止になるやも知れません。なので、ここでは宣伝の意味も含めて応援すべく少々辛口のブログとなりました。


参考サイト:お店ぐるりんタクシー / 高崎市
タグ:高崎市
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

のりものしごとフォーラム [まちづくり]

IMG_5376b.jpg

昨日、群馬の公共交通とまちづくりを考える「のりのり学会」主催による「のりものしごとフォーラム」が赤城山の麓にある古民家IRORI場で行われました。

このフォーラムに私もデザイナーという立場でお話をする機会が与えられたので、スライドショーとドイツの大学で制作したDBの車両モデル(1/10)を持って出かけました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高チャリ [まちづくり]

IMG_1792.jpg

先頃、ついに我が街にもCall-a-Bike、もといVerib、いや高チャリという名の貸し自転車システムが導入された。ドイツDBが運営管理するCall-a-Bikeやパリを始めフランスに普及しているVeribとは、やや導入動機や運営方法が異なるようであるが、高チャリは日本の地方都市特有の問題である中心市街地空洞化に対する施策(いわゆるまちづくり)であるようである。

まぁ、導入背景はどうでも良い。これが実現されたことに大いに意義を感じるのである。高チャリは中心市街地の12カ所に専用ステーションが設けられている。ポートと呼ばれる専用駐輪ステーションは、駅前はもちろん、百貨店前や銀行、市役所、その他さほど広くはない中心市街地にあり、我が家の至近にもポートがあるので昨日、今日と早速利用してみた。ちなみに自宅は駅や市役所から徒歩10~15分の距離で自転車移動には最適の距離である。(もっとも私のような街ナカ在住の者ではなく、外から来訪する人が高チャリのターゲットであるようだが...)

IMG_1794.jpg

ポートには、上画像のような表示板と5〜15台分の施錠が出来る駐輪設備がある。表示板には、使い方やポート位置を記した市街地地図が掲示されている。

IMG_1793.jpg

貸出し自転車は、ヨーロッパのそれらとは異なり、GPSのタグもなければ、電子機器を利用した登録や施錠のシステムもない。高チャリは極めてシンプル、そして無料である。ハンドルには、施錠機器が取り付けられており、100円硬貨を入れれば、ポートから解錠できるしくみである。再びポートで施錠すれば、100円硬貨は返却される。

IMG_1795.jpg

自転車の前カゴには高チャリの説明書きの他、ポート以外で駐輪した時のためのカギが取り付けられている。

このようなシステムになったのは、おそらくコストを最小限に切り詰めたためであろう。良さとしては、欧州のそれが有料であるのに対し、デポジット制ではあるものの無料で提供されていること。使用時間などの制限はなく、基本的に利用者のモラルにまかされていることである。ただ、それだけに心配も少なからずある。誰かがこの自転車を個人用に持ち去っても、どこかに放置しても、また、何日使っても各自転車の遠隔管理が出来ない上にGPSタグも付いていないので見つけ出すことは困難であろう。このあたりは、少し時間を掛けて様子をみるしかない。

そして先ほど駅から自宅近くのポートまで利用したが、本当に便利に感じる一方で、困ったことがおこった。5台ほど駐輪可能なポートが満車なのだ。満車の場合デポジットのお金が戻ってこないので放置できない。仕方がないのでそこから最も近いポートまで走ることになった。そこのポートも満車だったら...という不安も持ちつつ。しかしである、そこには8台程度駐輪可能なポートなのだが、1台も駐輪されていない。駐輪できたのは良かったのだが、どうもしっくりこない。もしポートに施錠センサーや自転車にGPSタグでも付いていれば、システム全体として使用実績の分析ができ、今後の改善に生かされるのであるが、現状ではそれが出来ない。結局そこから歩いて帰宅することになった。

高チャリは、今までこの街が行ったまちづくりの施策の中でも最もインパクトのあるものと感じるだけに、これら問題がすぐに露呈してしまうのは、やはりツメが甘いと感じてしまう。今後改善できれば良いのだが、このままだと自転車が少なくなって自然消滅..になるような一抹の不安を感じてしまうのである。せっかくの良い試みなだけに、長く続き定着し、運用範囲やポート数も拡大して欲しいのだ。

参考サイト:
「高ちゃり」でまちなかを走ろう / 高崎新聞
http://www.takasakiweb.jp/news/article/2013/04/3001.html
ヴェリブ / Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヴェリブ
Call a Bike / Wikipedia
http://de.wikipedia.org/wiki/Call_a_Bike
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
まちづくり ブログトップ