So-net無料ブログ作成

Sommerneuheiten 2019 [Maerklin-Allgemein]

昨夜、日本時間の午前2時からメルクリン公式YouTubeページで夏の新製品が発表されました。このようなライヴで新製品を広く世界同時に発表することはメルクリンでは初の試みです。いつもは春や秋の新製品に比べてさほど多くの興味深いものが多くはないイメージがありますが、今回はこうした動画配信を含めて事前告知をしていたため、期待も膨らみます。

そしてその動画を今回ライブ配信から遅れて先ほど見ることができました。以下参照。

Veröffentlichung der Sommerneuheiten 2019 von Märklin, Trix und LGB / TouTube

おそらく同時にいつものPDFデータもメルクリンは公式サイトに配信されました。

Sommerneuheiten 2019

事前にある程度の期待はしていた今回の新製品ですが、アイテム数は限られているものの内容は並々ならない意欲を感じます。

H0では、BR290(V90)のウエザリング仕様、新しい小型TELEXカプラーの他、初めて動きのある運転士が乗っています。フランス東部鉄道(État)の13形(後のSNCF 241A形)蒸気機関車+CIWL客車8両セット(シンプロンオリエントエキスプレス)は今までで最高のレベルの仕様に見えます。CIWL客車はファンクションデジタルデコーダー付きでギミックも盛りだくさんのようです。初めて尾灯も装着しています。ただ、新金型での製品ではなくTRIX時代からの木造客車がベースのため、次世代のCIWL客車の登場が待ち望まれるところです。

ウニモグの架線工事車両は、Viessmannとのコラボ製品とのこと。駆動用モーターやデコーダーは無蓋貨車に積載されているとのこと。レイアウトのシーンに欲しくなるアイテムです。

年少向けStart upシリーズでは、色鉛筆が無蓋貨車に積載されているモデルが告知されています。何か見覚えのあるモデルですw (メルクリンが当ブログを見てリスペクトしたなら感激です)

1番ゲージでは、H0でリリースした241A機関車が1/32で告知されています。重量も8Kgを超えるそうでサウンドのほか、発煙ギミックも煙突だけでなくシリンダーからも機能するとのこと。ZゲージはBR141とシルバーリンゲのプッシュプル客車3両セットです。

ちょっと気になるのは、CS2/3に接続できる発信器とハンドタイプの無線コントローラRC3です。確か春の新製品でも告知されていたと思いますが、改めて告知されています。今までも無線ルータをCS2/3に接続することでスマートフォンやタブレット端末でアプリを使って無線遠隔制御できましたが、こうして純正コントローラを使っての製品化は何か特別の意図があるかも知れません。(なお、この製品は無線なので日本国内では使用可能か未確認です)
*ライブ放映では、屋外鉄道向けに開発したものの、CS2/3で制御できる全てのモデルで使える製品のため、メルクリンH0やTRIX H0、MINITRIXなどでも利用可能なことを強調していました。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー