So-net無料ブログ作成

[Vinyl 009] What Me Worry? 追加盤 / 高橋幸宏 [Vinyl]

IMG_3942b.jpg
IMG_3946b.jpg

前回の高橋幸宏の「What Me Worry?」の続きです。これは12'ではありますが、45RPMではなく33 1/3RPMで両面で5曲入っているアルバムのスピンアウト盤...のような追加盤としてリリースされました。

アルバムからは「FLASHBACK」「SAYONARA」「DISPOSABLE LOVE」の3曲が入っています。但し、「DISPOSABLE LOVE」はアルバムの英語歌詞に対して、日本語による歌詞です。
残りの2曲「FUTARI NO KAGE NI」そして1959年にドイツのスキーで有名なトニーザイラーが歌った「Ich bin der glücklichste Mensch auf der Welt」(邦題:白銀を招くよ)をテクノアレンジした最後の曲は素晴らしいものです。途中でゲルニカっぽいオルガンの音色が聞こえたので歌詞カードを確認すると、この曲のキーボードにゲルニカの上野耕二のクレジットがありましたw
このレコードは、アルバムとセットで持つもの..という位置付けが良いと思います。ただ、1つ問題はレコードのレーベルが敢えて通常より大きくしてあり、私のレコードプレーヤーはフルオートなので、レコード面の演奏が終わってもカートリッジが上がらずいつまでもターンテーブルが回っている状態...。

その大きなレーベルは両面が異なるユキヒロの写真がモチーフですが、撮影は、YMOのジャケット写真でも有名な鋤田氏によるもの。彼の撮影したYMOの「PUBLIC PRESSURE」(公的抑圧)のジャケット写真にはやられてしまいました。大学生時代原宿のアルバイト先のご縁で、私が大学卒業後とあるレコード店でお見かけしたので就職先の名刺をお渡ししてご挨拶したら覚えていてくださいました。今ももしかしたら鋤田氏の名刺があるかも知れません。

IMG_3906b.jpg

さて、このアナログレコードの中に上画像の半券チケットが入っていたのを発見しました。実はこのチケットは、高橋幸宏がアルバムリリース後に行った「What Me Worry? ツアー」のもので、全国ツアーを行った最後に東京・新宿のツバキハウスという伝説?のディスコでライブを行った時のものです。この時は、アルバム制作に参加したスティーヴ・ジャンセンや立花ハジメ、細野晴臣もツアーに参加。ここでもユキヒロとスティーヴのダブルドラムを披露するなど盛り上がった他に、予想を裏切らず坂本龍一もゲスト出演し、客席のない小さな会場はそれこそ目の前で繰り広げられ大盛り上がりとなった記憶があります。他のコンサートの半券がみつからないので、余程インパクトのあるステージだったのだろうと思い返しました。

YouTubeに「白銀は招くよ」がありましたので貼っておきます。
白銀は招くよ / 高橋幸宏
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽