So-net無料ブログ作成

39650 BR 65 012 ~ 2. Insidermodell 2018 [Maerklin-Lok]

先ほどメルクリンからWeb Newsがメールで届きました。

そこには見慣れない機関車モデルの写真が貼り付けられていて、良く見てみるとDBの蒸気機関車BR 65でした。メルクリンのウエブサイトにリンクが貼られていて、それが以下のページになります。

https://www.maerklin.de/de/produkte/produkt-informationen/sondereditionen/insidermodelle/

最近は、毎年2つのモデルが発表されているインサイダーモデルですが、今回は戦後製造された蒸気機関車のBR 65 012で、BR 03.10のように下部前照灯が離れて配置されているのが特徴的な動輪4軸の貨客両用機関車です。
この機関車は、1950年に最初の4機が登場し、5機目からの9機は翌年の登場だったとのこと。その後の発注分が完成したのは1955〜56年になってからとのこと。合計18機で製造は終了。BR 64の置き換えという役割もあったこの機関車は、BR 64よりも技術的な進歩もあり、完全溶接の高性能ボイラを搭載し、冬季の寒さ対策で、キャブは完全密閉型で床下暖房も完備されていたとか。

このメルクリンモデルとなった012号機の実車は、プッシュプル対応設備(リモコン式運転制御)付きで、これに合わせて登場するプッシュプル用シルバーリンゲ客車は実際に運用に就いていた編成と同じと考えて良いと思います。なお、プッシュプル機能付きのBR 65形は012から018までの7機のようです。

Ep.IIIa時代の近距離列車を再現したい向きには、マストアイテムの1つと言えるでしょうし、小さなレイアウトでも無理なく楽しめる汎用機関車でしょう。

参考文献:全盛時代のドイツ蒸気機関車 / 篠原正瑛 著
nice!(7)  コメント(6) 

dampf SPEKTAKEL 2018 [欧州鉄道]

0121.jpg
▲ BR 01 202牽引の列車

久しぶりに更新します。
KDBさんより画像を頂きましたので紹介させて頂きます。今年の4月末から5月の初めにかけてドイツの西側Trierを中心に「dampf SPEKTAKEL」という蒸気機関車の運転が開催されました。今回はメルクリンからも製品化されたBR 01 202やBR 01.10、BR 03.10、またV200.0などの動態保存機関車が春たけなわのドイツを走りました。運転時刻などの詳細は以下サイトで公開されて居ます。

http://www.dampfspektakel.info

KDBさんは、今までも東独時代の蒸気機関車列車などの美しい写真をここで紹介させて頂きましたが、先月末から今月始めにかけて、迫力あるドイツの大型機関車の撮影されていらっしゃいました。今回は日本人のファンもこのために多く渡独されたようで、ちょっと羨ましかったです。

0149.jpg
▲ BR 03 1010の姿。この角度は蒸気機関車の迫力と美しいプロポーション、機械美の全てが表現されていて素晴らしい

ドイツでは、今後もこうした大規模な蒸気機関車運転が行われるでしょうが、撮影に参加できる日はいつになるか?と、思いを馳せてしまいました。

Special Thanks: KDB



nice!(5)  コメント(0)