So-net無料ブログ作成

[Vinyl 004] Architecture & Morality / OMD [Vinyl]

IMG_3874b.jpg
IMG_3875b.jpg

4枚目のアナログレコード(Vinyl)の紹介です。これはOMD(Orchestral Manœuvres In The Dark)の3枚目のアルバム「Architecture & Morality」です。
1980年代当時、英国発の様々なエレクトロポップのアーティストが出現し、MTVの効果もあって華やかな時代だったと思います。その中でも、先日紹介したDEPECHE MODEとは明らかに違う音作りではあるものの、特有の暗さと重さを持つグループとして同じ匂いを感じていました。(今は全く違う方向性ですがOMDの方が変わらない感じがします)
30年以上ぶりにこのレコードに針を落として改めて聴いてみると、当時と今の音作りの進化と一貫性の両方を垣間見ることができました。あれから40年近く経っているのに今もエレクトロポップを貫く彼らの姿勢には敬意を評したいです。特にこのアルバムのサイド1の3曲目の「Souvenir」は、今も好んで聴いています。(おそらく私の好きな曲の5本の指に入ります)
また、彼らの曲のタイトルは、時に実に挑戦的で、社会問題に向き合う姿勢も好感が持てます。Wiki(英語)を見ると、オランダでアルバムチャートの1位を獲得しているほかUKでも3位まで上昇しているようです。やはり欧州で人気があったようで日本では1部以外は、特に取り上げられなかったようにも思います。
このレコードは日本版のため、中にライナーノーツが入っていて執筆は小倉エージ氏でした。


タグ:ALBUM OMD Virgine
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント