So-net無料ブログ作成

[Vinyl 002] A BROKEN FRAME / DEPECHE MODE [Vinyl]

IMG_3850b.jpg

IMG_3851b.jpg

YMOのSolid State Survivorの次に聞いたアナログレコードはコレ。DEPECHE MODEの2枚目のアルバム「A BROKEN FRAME」です。このレコードは大学生になってからか、レコード、特に輸入盤にハマり、西新宿の輸入レコード店巡りが半ば趣味化していた時代だと思います。撮り鉄からだんだん遠ざかってきた頃と重なります。(当時の美大には鉄はいなかった...)

このレコードもジャケ買いでした。欧州のどんよりした曇り空の麦畑に鎌を持った農夫が真紅のスカーフを頭にかぶっている様子が印象的で妙に惹かれるものがありました。帰宅して聴いてみると、理解できない..というのが第1印象。しかし、何度も聴きたくなり、聴けば聴くほどメロディーと音色の魅力に取り憑かれ、YMOやクラフトワークとは違う、素朴で美しい音作りにハマってしまい、その後プロモーションで初来日した時、原宿の東京ピテカントロプス・エレクトス(のちのClub-D、いわゆるクラブです)でのライヴを観に行ったり、ヨーロッパを始め、世界中でヒットを飛ばした後に行なった数度の来日公演にも足を運んだ記憶が残っています。彼らは来日の度に有名になっていたのが印象深いです。
このアルバムは、当初作曲担当のメンバーだったVince Clarkが抜けてMartin Goreが作曲をした最初のもの。なので1枚目のアルバムSpeak & Spellとは明らかに違うのですが、当時のDEPECHE MODEらしいイギリスの田舎の若者グループの素朴な印象が強く残っています。今の彼らのイメージとは全く違うのですが。

実は彼らのアルバムジャケットには、ある種のテーマが組み込まれていて、このアルバムには「赤色と鎌」から、明らかに共産圏諸国を示唆したものと受け取れます。彼らが後に活動拠点を西ベルリンに移したのは、その流れを意識させるものと感じます。
また、その色使い、フォントの使い方やグラフィックデザインもとても参考になり、サウンドだけでなくデザインの勉強もさせてもらった...というアルバムです。




[EDIT] 2019-04-10
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 2

Shonan-Boy

タンク貨車では、昔を思い出し自身で楽しませて貰いました。

オーディオ関連のブログが掲載されていますが、私も60年代~70年代特にはまっていました。
Akiraさんが持たれていたSL-10の一世代前のSL-110を使って、アンプ(プリ・メイン)、スピーカー、カートリッジ、オープンリールデッキ等々色々凝っていました。
レコードのジャンルは、雑食系?で、クラッシック、ジャズ、軽音楽、歌謡曲等々なんでもでした。
というのも、今は無くなってしまいましたがスピーカーメーカーの社長さんの息子さんが同級生で、一緒に良く秋葉原の視聴室をあちこちし良い音探しをしていました。

私も、だいぶ前にレコードのCD化を少し試みましたが、長続きせずでした。
引続き、オーディオ関連も楽しみにしています。
by Shonan-Boy (2019-04-09 11:32) 

Akira

Shonan-Boyさん、いつもありがとうございます。

ブログでも記しましたが、ここ数週間で私の眠っていたアナログレコードがプレーヤーの復活で蘇ってきたので、ゆっくりとかつて購入したレコードを試聴しながらこのブログにも紹介することになりました。もしかしたらメルクリンを期待している読者の方には退屈な記事かも知れないですが、あくまでメルクリンをメインにして記事は更新してゆくつもりですので...。

Shonan-Boyさんのようにオーディオも興味ある方からのコメントは嬉しいです。とにかくCDやデータ配信のソースより、面倒ではありますが、アナログの方が私には心地の良い音を楽しめることに改めて気づきました。
by Akira (2019-04-09 13:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント