So-net無料ブログ作成

4644 Mineralöl-Kesselwagen "BP" / DB(P) Ep.III [Maerklin-Guterwagen]

久しぶりにメルクリンH0貨車モデルの紹介です。

先日のこと、ドイツの友人からModellbahn-Börse(鉄道模型中古市)があるから行く..と言うメッセージをもらいました。私も20年以上前ドイツに住んでいた頃、ドイツ各地で行われていたBörseにハマって、何度もメルクリンモデルを物色しに行きました。当時はインターネットの普及する前であったので、買い逃していた中古モデルを手に入れるのはBörseが一番だったからです。ドイツなのでそうした中古市も規模の大小に関わらず各地でありましたのでまだ良かったですが、日本ではそれもありませんでした。

Börseは、体育館のような公共の施設や、ホテルのホールなど色々な形で開催されます。そして必ず入場料(当時、DM5,-程度)を支払わなければなりません。これはBörse開催のための資金源ですし、実はここを訪れる人にとっても入場料を支払うことで、手ぶらでは帰れないと言う心理的状況にもなって必ず何らかのモデルを購入するのは売り手にとっても良いことでしょう。インターネットが普及し、eBayなどオークションサイトも多々ある今の状況でも、Börseは開催されているので、ドイツはその価値があるとみなされているのでしょうね。

さて、前置きが長くなりましたが、その彼、Börseで私のためにメルクリンH0モデルを買ってくれたとの連絡があり、早速小包で送ってくれました。私はもちろんありがたく頂戴することに。 届いたのは3種のH0モデルで貨車2両と郵便車1両の3両でした。その内の1両が今日紹介する2軸タンク貨車(4644)です。

IMG_3836b.jpg

このモデルは、水色の外箱に入っているモデルなので1970年代初期までのものと推察できます。Koll'sカタログでは、1967年から2度のリニューアルを経て2002年まで生産された記載があり、息の長いモデルの1つであることがわかります。私の手元にあるモデルは初期の1967年〜76年にかけて生産されたグループのようです。 過去モデルがデータベース化されているメルクリン公式サイトでは、最終バージョンのモデルが掲載されています。

メルクリン公式ページ:4644 Mineralöl-Kesselwagen

IMG_3828b.jpg

IMG_3829b.jpg

モデルは、鮮やかなグリーン。日本でも一時期ガソリンスタンドが展開されたイギリスのメジャーBP社のブランドが印刷された2軸タンク貨車です。タンク貨車独特の片側に手ブレーキ設備のついたバルコニーが設けられています。

IMG_3830b.jpg
▲ 手ブレーキ側正面

IMG_3833b.jpg
▲ 非手ブレーキ側正面

車体正面から見たところです。手ブレーキ側のバルコニーにはタンク上部に登るための梯子が設備されています。

IMG_3832b.jpg
▲ 上面俯瞰

上からこの貨車を見ると中央にタンク注入用蓋が見えます。そこから梯子までのステップが見えます。

IMG_3834b.jpg

形式等の表示板です。流石にこの時代の印刷制度は今とは比較のしようもありませんが、当時として精細な印象もあったと思われます。一方で表示板にはARAL石油の表示が印刷されています。この辺りは、今では考えられませんが、当時は案外適当なものなのですね。 因みに、Koll'sカタログでは、この表示が「BP BENZIN UND PETROLEUM AG ... DB 581 694」と印刷されていると記されています。と言うことは、手元のモデルは生産過程でのミスのまま出荷されたモデルなのかも知れません。

IMG_3837b.jpg

お恥ずかしながら最後に、1971年の4644モデルの日本語版カタログを...。小学生だった私は、黒マジックで各モデルの(当時の)価格をカタログに記していました。これら全てをいずれ手に入れてやる..と気持ちだけは先走っていたのでしょう。 ちなみに、当時はタンク貨車は2種あって廉価版の45XXと台枠が樹脂製の46XXがあり、600円の価格差がありました。46XX貨車は、当時の私には高嶺の花でもあり、憧れのモデルでもありました。 そんな、私がメルクリンを始めた頃のモデルをドイツの友人から贈られて、ちょっと懐かしく、50年近く前のメルクリンカタログを穴のあくほど眺めていた自分自身を思い出してしまいました。

[追記] 実は2009年の拙ブログ記事にShonan-Boyさんから頂いた画像を使用して、この貨車モデルと同じ製品番号のモデルについてアップしていました。

2009年6月26日記事

[EDIT] 2019-03-26
nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 7

Shonan-Boy

Akiraさん、大変ご無沙汰してます。

懐かしい貨車が出てきたので、早速手元を調べてみました。
No.4644 ありました。AkiraさんのVer.より一つ前のEp.Ⅲ<車番:581 694>と思われます。
1970年かその少し前に購入したと思います。

当時 私もカタログに価格を記入して、あれもこれも欲しいと思い浮かべ眺めていました。
丁度、1968/69年の型録があり、見ると1300円と記入していました。
by Shonan-Boy (2019-03-26 19:10) 

Akira

Shonan-Boyさん、お久しぶりです。

ご指摘いただき、早速リンクを貼りました。当初は気付かず大変失礼いたしました。私の方は、おそらく生産時のミスで印刷が違うものになったと思われます。ある意味レアなモデルかも知れません。

それにしてもカタログに同じように価格を記すと言うのはちょっと驚きましたが、考えてみれば当時のカタログには別刷りの価格表が添付されていて、カタログと価格表をにらめっこして確認していた記憶がありますので、きっと面倒臭かったのでしょうね。昔を改めて思い出してしまいました。
by Akira (2019-03-26 21:13) 

seidoh

こんばんは。

ブルーの箱に入った貨車は懐かしいですねぇ。二軸タンク車では銀色のEssoを持っていますが、台枠も全てメタル。仕事の関係で普段は自宅を離れているので正確な番号は不明ですが、ネットで調べてみたら、おそらく4501ではないかと。現行モデルに比べれば全くの玩具ですが、それでも約半世紀前にはすごくリアルに思ったものです。勿論、当時の小学生が自分で買えるはずもなく、クリスマスか何かのプレゼントでした。当時は日本橋や梅田のデパートにも売場があって、そういう点でも隔世の感ありです。
by seidoh (2019-03-27 21:45) 

Akira

こんばんは、seidohさん。お久しぶりです。

45XXシリーズのタンク貨車も懐かしいですね。私は客車が欲しくて貨車にベクトルを向けていませんでした。なのでタンク貨車を小学生だった当時手にすることはできませんでしたが、今思えば客車より安価な貨車で遊ぶ楽しさをまだ理解できていなかったのだと思います。
当時は主要デパートなら日本全国でメルクリンを買うことができました。当時はシュタイフもレゴも同じ総代理店でしたから、ある意味当然ではありましたが...。
by Akira (2019-03-28 23:00) 

NS Eisenbahn

Akiraさん
こんばんは。ご無沙汰しております。
AkiraさんのEp.4表記の4644は初めて見ました。仰るとおりARAL石油の4646と混ざってしまったエラーかも…です。
自分も4644を持っており、番号は581 694でShonan-Boyさんお持ちの車と同じです。BPマークも白地で水デカールっぽいです。しかしプレートの所有者名がDeutsche BP Aktiengesellschaftと書いてあり、少し短いです。よろしければ写真をお送りしたいのですが。
購入時期が定かでないですが、「メルクリン」の書体が現在と同じになった青箱ですので、自分のが少し後の製品ですね。
ややトイ的な2軸タンク車は可愛くて好きなシリーズです。

by NS Eisenbahn (2019-04-01 00:40) 

Akira

こんにちは、NS Eisenbahnさん、こちらこそごぶさたです。

> しかしプレートの所有者名がDeutsche BP Aktiengesellschaftと書いてあり、少し短いです。よろしければ写真をお送りしたいのですが。

ありがとうございます。私も興味がありますので、可能でしたらお願いいたします。

46XXシリーズは、それでも私には当時精巧に見えたものです。
by Akira (2019-04-01 15:45) 

NS Eisenbahn

Akiraさん、こんばんは。
ご覧くださると大変嬉しいです。
しかしお送り先のアドレスを存じておらず、よろしければPCにお送りいただけますか?この場で失礼します。
よろしくお願い致します。
by NS Eisenbahn (2019-04-02 00:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント