So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

39650 BR 65 012 ~ 2. Insidermodell 2018 [Maerklin-Lok]

先ほどメルクリンからWeb Newsがメールで届きました。

そこには見慣れない機関車モデルの写真が貼り付けられていて、良く見てみるとDBの蒸気機関車BR 65でした。メルクリンのウエブサイトにリンクが貼られていて、それが以下のページになります。

https://www.maerklin.de/de/produkte/produkt-informationen/sondereditionen/insidermodelle/

最近は、毎年2つのモデルが発表されているインサイダーモデルですが、今回は戦後製造された蒸気機関車のBR 65 012で、BR 03.10のように下部前照灯が離れて配置されているのが特徴的な動輪4軸の貨客両用機関車です。
この機関車は、1950年に最初の4機が登場し、5機目からの9機は翌年の登場だったとのこと。その後の発注分が完成したのは1955〜56年になってからとのこと。合計18機で製造は終了。BR 64の置き換えという役割もあったこの機関車は、BR 64よりも技術的な進歩もあり、完全溶接の高性能ボイラを搭載し、冬季の寒さ対策で、キャブは完全密閉型で床下暖房も完備されていたとか。

このメルクリンモデルとなった012号機の実車は、プッシュプル対応設備(リモコン式運転制御)付きで、これに合わせて登場するプッシュプル用シルバーリンゲ客車は実際に運用に就いていた編成と同じと考えて良いと思います。なお、プッシュプル機能付きのBR 65形は012から018までの7機のようです。

Ep.IIIa時代の近距離列車を再現したい向きには、マストアイテムの1つと言えるでしょうし、小さなレイアウトでも無理なく楽しめる汎用機関車でしょう。

参考文献:全盛時代のドイツ蒸気機関車 / 篠原正瑛 著
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 6

Halle

メルクリンHOでは、BR 23、BR 10 に続く3機種目のNeubau DBのSLですね。BR 82の製品化も期待できるかな。
by Halle (2018-05-31 19:25) 

Akira

Halleさん、おはようございます。

おっしゃる通りですね。この機関車の雰囲気は中々いいですね。
by Akira (2018-06-01 08:49) 

JR浜松

nice!ありがとうございました。
勉強になります!
by JR浜松 (2018-06-01 10:45) 

Akira

JR浜松さん、

こちらこそありがとうございます。興味深い記事は大変参考になります。
by Akira (2018-06-03 22:09) 

KDB

65型は永らくフライシュマンの専売品だった(東側の65-10型はブラバとギュッツォルトの製品がありましたが)ようですが、メルクリンからも登場ですね。この機関車は手ごろで重宝すると思います。40年ほど昔に(!)フライシュマンの65型(ダイカストの旧製品で1/80位のオーバースケール)にシューを付け、リレーとダイオードを載せて交流3線で運転できるようにしたことがあります。走りはOKで重宝でしたが、メルクリンの客車と比較して大きすぎてバランスが取れず、目黒にあった「World」の店(不二商の専務だったYさんが退職後開いた店)で売却してしまいました。また65型を私のレイアウトに復活させたいものです。
by KDB (2018-06-04 16:49) 

Akira

こんにちは KDBさん、

メルクリンも単に65形のモデルというだけではなく、その中でも同時発売されるジルバーリンゲ客車と共に、Wendezug(プッシュプル)運転可能な番号を選んでいるあたりが流石で、実際の運転の幅が広がりますよね。
by Akira (2018-06-06 08:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。