So-net無料ブログ作成

Euhotra [欧州鉄道]

このタイトルは、いったいなんだ?...と思うであろう。最初は私も良くわからなかった。

実はこれ、DBの夜行列車の第一線から退いたタルゴ車両が、新しい人(車?)生を歩むことになった名称である。このEuhotraの意味は、European Hotel Trainの略である。

これは、DBから譲り受けたベルリンのEuHoTra Germany AGによって運行される新しいホテル列車とでも言おうか。基本的にチャーター形式のような形で顧客を募って運行されるような形である。線路上クルーズとでも言うのだろうか。よって非常に豪華な内容で、ドイツ国内やスイスへのルートが用意されているようである。ただ、VSOEなどのようなクラシックな豪華さが売りでなく、極めて現代的な休暇旅行のためのホテル列車と言える。これも欧州の鉄道運営の基本である上下分離方式によって可能となったものである。以下、そのウエブサイト。

http://www2.euhotra.eu/index_de.php?language=DE

さて、その肝心の車両であるが、元DBのInterCityNightで使われていたタルゴ客車であるが、ここのトップページに掲載されている白地に青帯ではなく、以下のようなちょっと驚くべき外観塗装である。

http://kurier.at/mmedia/2010.09.11/12842077462_5.jpg

とてもホテル列車とは..考えにくい塗装色であると個人的には思うのだが、目立つ事はもちろんであろう。室内は、寝台車とビストロ、バー、レセプションによって構成されているとのことで、ICN時代のスリーパレットや簡易寝台が2人用個室寝台にリニューアルされているのではないかと想像出来る。

サービスは、24時間利用可能なビストロや、各車両にある個室5部屋には...

- Betten(ベット)
- Dusche(シャワー)
- Waschbecken(洗面台)
- WC(トイレ)
- Föhn(ドライヤー)
- Safe(金庫)

が用意されているとのこと。朝食は各部屋で、また昼食や夕食はビストロで楽しむ事ができるそうである。また、旅行料金は、ベルリンが起終点としてKöln、Basel、Salzburg、Dresdenを廻る「クラシックルート」が1890,-EUR。Salzburg、Dresden、Berlinの単区間ルートが699,-からとのこと。

新しいコンセプトのホテル列車の登場であるが、ちょっと毛色の変わったレールクルージングが成功するかどうかどうかは...数年後にはわかるであろう。
タグ:Ep.VI Talgo EuHoTra
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 2

東西急行

Akira様、東西急行です。
新装夜行タルゴの画像を拝見致しましたが、目に入った途端
脳裏で「ポンっ!」と小爆発が起こり、直後「う゛む~ぅふ
ふふぅ…」と言う表し難い反応を呈しました。
何と申しますか、地上に居座る宿泊施設が軌道上に飛び出た
様な印象です。尤も先次大戦中、誠に奇抜な軍用機塗装であ
る「ローゼンジパターン」を生んだ国故、特に慨嘆すること
も無いとも思えます。

by 東西急行 (2010-10-19 21:47) 

Akira

こんばんは、東西急行さん。

この塗装..ホテル列車..レールクルージングと称するにはちょっと的外れなデザインなのでは?と思ってしまいました。まぁ、乗っていれば見える訳ではないので問題ないですが.....。

ただ、DBと同様の塗装にすると列車に戻る時など見つけづらいでしょうし、ありがちなワゴン・リもどきの塗装などもってのほかですから、ある意味正解かも知れません。
by Akira (2010-10-19 22:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0