So-net無料ブログ作成

48009 DB Gllmghs 37 | Museumswagen-Set H0 2009 / Ep.III [Maerklin-Guterwagen]

b10735.jpg

今回からは、ドイツでゲットしてきたモデルなどを記したい。まず第1番目のモデルは、Göppingenでのセミナーの後、Erlebnisweltでゲットしたミュージアムモデル2009(48009)である。
毎年ヨーロッパでは、ここミュージアムでしか購入できないモデルであるが、ここ暫くゲッピンゲン近隣の会社をモチーフとしたモデルをリリースして来た。ところが、今年は150周年ということもあって、再びメルクリンの広告を纏ったモデルとなった。しかも、今年のテーマでもある50年代最後の頃のパッケージを纏っての登場というところが、当時のメルクリンを知るものにとっては、この箱を見ただけでそそられてしまうのである。説明によれば、1959年にメルクリンが創業100周年を迎えた当時の姿を再現したものだとか。

b10736.jpg

実際にこのモデルと同じものは、リリースされていた訳ではないが、当時の雰囲気をそのまま再現したのは、心憎い。画像は箱を開けたところで、「Leig-Einheit」と呼ばれる2両永久連結の急行貨物向け貨車とMagirusのトラックのセットである。

b10738.jpg

車体には、オリジナルは2両共「Stueckgut Schnell Verkehr」と記されているのに対し、ミュージアムモデルは、「Gebr. Maerklin & Cie GmbH」と「Fabrik feiner Metallspielwaren」とメルクリンの社名とキャッチフレーズが記されているファンタジーモデルである。

b10739.jpg
b10741.jpg
b10743.jpg

この車両は緩急室が貨物室内に設けられているのが特徴で、連結された2両も貫通路と幌で繋がっているため、貨物の仕分け作業なども室内で可能であることが想像出来る。

b10745.jpg
b10746.jpg

同梱されている貨物トラックであるが、これもメルクリンのロゴの入ったMagirus社のトラックモデルで金属製である。

b10747.jpg
▲ 車体番号はDB 512 009(P)とDB車籍の私有貨車である表記が印刷されている。もちろんいつもの西暦付きMuseumswagenの花文字は、忘れられていない。

b10748.jpg
▲ もう1両との間には幌で繋がっている。この樹脂製の幌はそれぞれの車体に属している2つのパーツだが、永久連結器ということもあって短い車間に連結幌の隙間が出来ないよう可動式になっているのは素晴らしい。

b10749.jpg
▲ 車体中央の引き扉の下には、車両在籍駅が「Göppingen」、その隣には2009と記されている。

こうしてみると、今迄のミュージアムモデルとは少し違う嗜好で作られているのが理解出来る。モデル自体も、通常の広告モデルに使用されているモデルではなく昨年の新製品であるし、ミュージアムモデルだけで組成させる以外にも昨年の新製品である38形+同形モデル2両セットに連結させても似合うであろう。今後、この一般仕様モデルが単品リリースされる可能性もあり、将来性もあろう。
このミュージアムモデルは、若干数であるが海外である日本の販売店でも購入可能と聞いている。(現在は未入荷のようである)

今後ドイツのErlebnisweltへ行く人はもちろん、メルクリンファンであれば「買い」のモデルであることは間違いなかろう。

参考サイト:Museumswagen-Set H0 2009 / メルクリン・ドイツサイト
http://www.maerklin.de/de/service/suche/details.html?page=&perpage=10&level1=2341&level2=2346&newprod=1&art_nr=48009&search=1&era=4&gaugechoice=2&groupchoice=0&subgroupchoice=0&catalogue=0&features=0&searchtext=Museumswagen&backlink=%2Fwww.maerklin.de%2Fde%2Fservice%2Fsuche%2Fproduktsuche.html
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 6

ひおか

中間幌付きの貨車いいですね♪

昨年のTRIXブランドのOeBBの貨車がHRSさんにあったので、少し食指が伸びつつあったり。とりあえず我慢ですが(w

by ひおか (2009-02-20 15:27) 

Akira

ひおかさん、こんにちは。

我慢するのも大事ですね。もしメルクリンする時間があるのなら機関車の整備とか、ちょっとした改造なんてのも面白いかも?
by Akira (2009-02-21 08:34) 

hioka

Akiraさん、こんにちは。

今はレイアウトを掃除中でずっと走らせていないので、欲求不満の間は整備と試運転に精を出そうかと思っています。改造は・・・1012のAC用保守パーツが出てからですね♪

後は人形並べとか(w
by hioka (2009-02-21 10:59) 

Akira

こんにちは、hiokaさん。

そうですね。私も今金欠の極みなので、新製品にどう対応しようか悩んでおります。Rh1012の3線化改造は、仰るようにモデルが出てからの方が良さそうですね。あと、客車の尾灯取付けとか、室内照明とか...。人形並べも楽しそう♪


by Akira (2009-02-21 11:41) 

hioka

Akiraさん、こんばんは。

今年の新製品は、自分の欲しい物をどれだけ見極める能力をさらに研ぎすまなきゃならなさそうです。後は、欲しい車両はいくつかあるのですが、昨年の新製品もいくつが欲しかったりしますので・・・

ショートスケール客車の尾灯取り付けをどうするか悩んでいるのと、ショートスケール対応のLED室内灯は存在したらいいのですが・・・(涙
by hioka (2009-02-22 19:17) 

Akira

hiokaさん、こんばんは。
仰るとおり私もあーでもないこーでもないと脳内シュミレーションで最適なアイテムを見極めているところです。
ショートスケール(26,4cmと27cm丸形尾灯モデル)の尾灯は、部品で取り寄せがきくかもしれません。(ET61813)
LED室内照明は、メルクリン以外の部品メーカーから出ていると思います。販売店に相談かな?
by Akira (2009-02-22 19:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0