So-net無料ブログ作成

TRANS EUROP EXPRESS / KRAFTWERK [Musik]

このブログを始めた時から、いつかは触れようと思っていたことがある。それは、自身の音楽の嗜好についてである。
中学生時代から友人の影響もあってクラシック音楽を聞いていたのだが、高校生になると好んで聞いていたクラシック音楽にある種の限界(これはあくまで鑑賞者の立場である)を感じ、クラシック音楽以外に自分の琴線に触れる音はないのか、悶々としていた時期があった。

そんなある時ひょんなことから1枚のLP(歳がバレる!)を手に入れたのである。(これは音も聞かずにジャケットのみで判断したのである)..それが、自身のその後の音楽嗜好を決めてしまうほどのものになるとは...YMOの2枚目のアルバム「Solid State Survivor」であった。その後のYMOの名声は説明の必要はないであろう。

そんな流れの中でYMOのメンバーが彼らの音楽に大きな影響を受けたと聞いたのがドイツの「KRAFTWERK」である。早速聞いてみると、彼らの音楽はYMOを遥かに凌ぐ新しさと共にロマンチックでありながら重厚で表現の難しい音楽に思えたのである。しかし、明らかに自分の好みの音であった。
そして、彼らの代表作の1つである「TRANS EUROP EXPRESS」を聞いた時には、重厚でスピード感のある音で見事にドイツの鉄道「TEE」を表現していると感激したのを憶えている。その思いは現在に至る迄衰えておらず、彼らを超える音というのは自らの中では、まだない。(もちろん好きな音楽はジャンルを問わず様々にある)

高校生の最後の頃だったか、そのKRAFTWERKが来日。初めてナマのコンサートを聴きに行ったが、そのパフォーマンスにもオリジナリティがあり、彼ららしい格好良さに感動を憶えたのである。今では普通のパフォーマンスだが、当時バックスクリーンに映像を流しながらのコンサートはあまり見たことがなかった。(ドイツ滞在時に彼らのコンサートを見るチャンスがありながら行かなかったことは、今でも非常に悔やまれる1つである。)

その時より後のライブ映像がYou Tubeに出ているので、その1番のお気に入りを下に貼付けておきたい。
音楽は、好みがあるので聞いて欲しいなんておこがましいことは言えないが、バックスクリーンに映される映像だけでも見る価値はあると思う。(サウンドを聞きたくない方は消音設定で見ると良いかもしれない)

http://jp.youtube.com/watch?v=oMl__iHJbHg

初めてメルクリンのVT11.5が我が家に届き、そのモデルの存在感とサウンドは、まさにこのKRAFTWERKの「TEE」そのもの...と感じたのは私だけであろうか?

参考サイト:KRAFTWERK
http://www.kraftwerk.com/

タグ:TEE VT11.5
nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽