So-net無料ブログ作成

ÖBB Nightjet [欧州鉄道]

今年末でDBのCNLが終焉を迎えることで、欧州の夜行列車が日本同様危機的状況にあるとのウワサが出ていましたが、どうやらCNLの運行路線をÖBB(オーストリア連邦鉄道)が肩代わりをするということで、ホッとしているところ、今日メディアからÖBBの新しい夜行列車プロダクトである「NIghtJet」が登場とのニュースが入ってきました。以下アドレスはNightJet専用ページです。

http://www.oebb.at/de/angebote-ermaessigungen/nightjet

今回発表された運用では、すでに9つの既存路線に加え、以下6路線の新規路線が加わるとのことです。

- Hamburg – Berlin – Freiburg (B) – Basel - Zürich
- Hamburg – München – Innsbruck (täglich Auto- und Motorradbeförderung)
- Düsseldorf – München – Innsbruck (3x wöchentlich Auto- und Motorradbeförderung)
- München – Villach – Venedig
- München – Salzburg – Villach – Florenz – Rom
- München – Salzburg – Villach – Verona – Mailand

今回私が驚いたのは、CNL路線を新たに取り込んだÖBB夜行列車を「NightJet」として新しいプロダクトイメージで登場させたことです。すでに新しいNightJet塗装色の車両も登場しています。客車と塗装を合わせたTaurus機関車も登場するようです。

気になるのは、その車内サービスです。運営は歴史あるワゴン・リ社が担当。寝台車旅客には、夜食(スナック)、朝食(ア・ラ・カルト)、新聞、雑誌。簡易寝台車旅客には、ウィーン風朝食が料金に含まれているとのことです。

食堂車が組み込まれるのかどうかや以前ウィーン中央駅で展示された新しい簡易寝台車のモックアップがこれに合わせて量産車として登場するのか。などなど、久しぶりの夜行列車の登場に少しワクワクしています。

今後、この事業が成功し、更に路線が増えることを期待したいです。

東洋経済オンラインで、早速NightJetの搭乗インプレッション記事「オーストリア『新生夜行列車』の意外な実力 噂のナイトジェットに乗ってみた」が配信されています。筆者が往復を簡易寝台と寝台の両方で体験しています。詳細かつ良い記事でしたので紹介します。
アドレスは以下です。

http://toyokeizai.net/articles/-/152397

[EDIT] 2017-01-07

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。