So-net無料ブログ作成

AIRPORT EXPRESS HÖHENFLUG AUF SCHIENEN [欧州鉄道]

imgb168.jpg
▲ Stuttgart Hbfに停車中のLHAE客車

今年のメルクリン秋の新製品で、告知された103.1形機関車牽引のLHAE客車は、私自身ちょっと驚いてしまいました。それは111形牽引のLHAEがリリースされて僅かの時間しか経っていなかったため、もう暫くしてからと思っていたからです。

今回2668セットの2種の客車を2回に分けて触れてみましたが、このモデルを買ったのは、私がこれの実車を改造したPFA社に勤めて最初のクリスマスを迎えた時だったと記憶しています。たまたま休日に住まいのあったWeidenから南に約100KmほどのRegensburgに買い物に出かけた時、中心市街地の模型店でこのセットがセールをしていたのを見つけたので、これをその年のクリスマスプレゼントとしました。実際に乗客として乗ったことはなかったのですが、Stuttgart Hbf駅で見たり、Bruchsal - VeihingenのNBS(高速新線)で撮影したりと、当時のDB路線では花形列車ということもあり、これを安く買えたことが嬉しかったのを覚えています。

imgb050.jpg

さて、そのLHAE客車は私の勤めていたPFA社で改造されたことは先にも記しましたが、当時PFA社の自社パンフレットは、プロダクトごとにパンフレットを作成していて、このLHAE客車も例外ではありませんでした。そこで今回は、このパンフレットを紹介したいと思います。

imgb051-052.jpg

上画像は、見開きでBpmz 296のインテリアです。Bpmzといえば2等車の表記なので、私も最初は違和感を覚えていたのですが、それはUICの表記規格であり、LHのカテゴリには1等、2等はないので、種車の表記のままということのようです。もちろんシート生地などはLHのCIに準拠したカラースキームで、天井の照明デザインなども異なります。
なお、このLHAE客車はBpmz/Avmz両車両ともDesign Center Stuttgartの1992年の賞に選定されています。

imgb053-055.jpg

上画像は、Avmz 106のインテリアです。これは、それまでのAvmz 206の通常の区分室とは異なり、1つの区分室のほか、InterRegio客車にあるような2区画、あるいは3区画を1つの区分室としたレイアウトにしています。それまでの1区部室あたりの定員6名を5名としているところもInterRegio客車と同様です。(InterRegio客車のような、座席のオフセットはありません)また、空いたスペースには、ワードローブを設けています。

imgb056-057.jpg

BpmzとAvmzのレイアウト図面です。Bpmzの座席配置は、種車のBpmzとは大きく異なり、当時最新であったICE 1のシートを1+2の配列で設備、中ほどにはワードローヴを配置するなど、レイアウトはICE1の1等開放部分を1両まるごとレイアウトし直した印象です。
Avmzは、左から、1(5名)、3(15名)、2(10名)、1(5名)と区分室を3種に作り分けています。
Bpmz、Avmzとも車端部の1区分室スペースを片側に荷物室、反対側には機内食ならぬ車内食用アトラスコンテナが収納できるギャレーとして設備されているのがわかります。

imgb058.jpg

車両主要諸元表となります。

今や、これら全ての車両は再改造され現存しないので、見ることはできませんが、模型では新しい28,2cmモデルで見ることができるのは歓迎すべきことで、モデルのインテリアも実車になるべく忠実であって欲しいと願わずにはいられません。