So-net無料ブログ作成

Sommer-Neuheiten 2016 [Maerklin-Allgemein]

n5016.jpg

先ほどメルクリンからウエブニュースが届き、夏の新製品がメルクリン/TRIX/LGBからアップされたことが告知されていました。早速PDFファイルをダウンロードしました。

メルクリンとTRIXのファイルが置かれているページのアドレス(ドイツ語版)は以下の通り。

[メルクリン]
http://www.maerklin.de/de/produkte/neuheiten/

[TRIX]
http://www.trix.de/de/service/veroeffentlichungen/neuheiten.html

メルクリンは、春の新製品とダブっているモデルも掲載されていました。個人的に興味を持ったのはMHIのET194牽引の3両セット(26194)でしょうか。また、以前TRIXでシリーズ化されていた「VOM ERZ ZUM STAHL」と呼ばれるルール地方の鋳鉄精錬のモデルが久しぶりに復活したことでしょうか。機関車はE50、鋼鉄の建設資材やらの重量積載貨車やくず鉄積載貨車など凝った貨車が8両告知されています。今後、このシリーズがさらに充実するのか興味深いところです。

TRIXはNゲージに力が入っています。SNCFの"Le CAPITOLE"のCC6500やGC客車などH0ならその話題で持ちきりになりそうなモデルです。またチェコ国鉄とスロバキア国鉄の水中眼鏡の愛称を持つディーゼル機関車750形と同色の客車3種など力が入ってきているように感じています。
タグ:Neuheiten 2016
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

KDB

お早うございます。情報ありがとうございます。
「鉄道模型趣味」誌の最新号記事にもありましたが、メルクリンもトリックスも相当力が入っていますね。CS3は段違いの高機能のようですね。ただ、価格が650ユーロまたは800ユーロ。悩ましいところです。それと、直流3線式のトリックス・エクスプレスが顧客のロビー活動で復活と聞きました。こういうところは歴史があるなあーーーと思います。

by KDB (2016-04-21 07:49) 

Akira

おはようございます。KDBさん。

未だ模型業界全体の斜陽が続く中、メルクリンは頑張ってますよね。個人的にはもう少し車両ラインナップの考え方を改善する余地はあると思うのですけど。
CS3はまだ見てませんので何とも言えませんけど、風の便りではGUIの改善もあって随分良くなったとか。楽しみです。

TRIX EXPRESSはドイツにクラブがあるようで、展示会などで出展しているみたいですね。DBの駅のコインレイアウトががあるのは、良い宣伝でしょう。決して大きくはないマーケットですけど、最小限の投資でブランドを残すのは、大したものだと思います。これも文化のなせる技かと。
by Akira (2016-04-21 08:04) 

seidoh

こんばんは。

ET194は、昭和の地方私鉄の貨物電車を彷彿させますね。EpIIとのことなので、個人的には幸い?範囲外ですが。
それから、C5/6に続いてEb3/5もフルサウンドで再登場ですか。今年は希少なスイス蒸気の当たり年のようですね。SBB CargoのRe482も廉価版ながらフルサウンドで、地味ながらスイス勢にも力が入っているような。
by seidoh (2016-04-21 22:17) 

Akira

こんにちは、seidohさん。

ET194は、地味ながら小さなレイアウトでも様々な貨車と一緒に楽しめるモデルで、私も欲しくなります...ガマンガマン..。

スイスは今年ゴッタルド・ベーストンネルの開通で、イタリア方面へのルートとダイヤが大きく変わります。これは欧州の流通界にとってもエポックメーキングな出来事で、ネックだった南北ルートの時間短縮が様々な効果をもたらすことでしょうね。スイスは旅客・流通のトランジットか観光地かの2つの異なる目的があるので、その両方がようやく果たされる今年になるでしょうね。
by Akira (2016-04-22 15:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0