So-net無料ブログ作成

Re4/4 I 10050? (TEE) / SBB Ep.IV [欧州鉄道]

b1109.jpg

ドイツに居た頃の鉄道写真を漁っていたら、信じられないような写真が出て来た。それが上画像である。非常に暗い場所での撮影だったことと全体が暗くコンパクトカメラでの撮影だったこともあり、列車も小さく映り、今回スキャンしたのでついでにトリミングと明るさ+色調補正も行った。

信じられないと言うのは、もちろんRe4/4 I のTEEカラーであるからだ。今だったら近づいて何枚もの写真を撮っていることであろう。被写体があまりに暗く遠かったため、車体番号も良くわからないのだが、スキャンした画像を拡大したところ、XXX50と読めた。TEEカラーのRe4/4 Iは、

10033, 10034, 10046, 10050

なので、XXX50が正しいなら10050ではないかと思われるのである。
パンタグラフにはDB/OeBB対応の集電舟が装着されているので、実際にTEE Bavariaを牽引した機関車であり、TEE Rheingoldはもちろん、TEE Rolandも牽引したのかも知れない...いやTEEカラーなのだから牽引したと言い切っても良いと思う。

今やレストアされた同形機のみが実在する同機であるが、私が撮影した1989年3月末には...ここで思い出したのだが、これはKarlsruheを早朝に出発してBasel SBB駅で乗換えをしてジュネーブモーターショーに日帰りで出掛けたときのスナップである。この時通っていた大学の友人から「クルマで一緒に行こう」と誘われていたのだが、それを断ってひとりで出掛けたのである。その理由は、SBBの列車に乗りたかったからに他ならない。今もそうだが、地続きの大陸の欧州でも国によって車両のデザインの嗜好が異なることに興味があって、それを体験したかったのである。

今にして思えば、乗換えのBaselでRe4/4Iに出会えたなんてそれだけで充分価値があったと言えよう。当時はドイツの車両はともかく、スイスの機関車にはそれほど興味はなく、詳しくもなかったのである。それで記憶からも飛んでいたというわけである。
この時覚えている事と言えば、KarsruheからBaselへ向かうD-Zugの中で擦れ違った反対方向のD-ZugがSBBのEW-IVであった(EW-IVがDBに入線出来る事を初めて知った)ことと、朝8時前にBaselを出発する列車であったので、朝食を食堂車で取ろうと思ったのだが、予約していないと利用出来ないとかで食べられなかったのを覚えている。SBBはDBのサービスとは違うことを学習したのである。(食いしん坊なだけにこんなことは忘れないのだ)

あまり良い写真とは言えないが、こうやって改めてこの写真を見ていると、出来るなら当時に戻って今1度現役時代のTEEカラーのRe4/4 Iに遭いたいものである。それと食堂車の予約をしてから列車に乗ろうと思う。

[EDIT] 2010-03-17 16:05
タグ:TEE Ep.IV SBB Re4/4 I
nice!(5)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 17

lucky_k.k

Akiraさん
おはようございます。

今年の発売モデルにドンピシャの写真を再発見されましたね!
by lucky_k.k (2010-03-17 06:26) 

Akira

lucky_k.kさん、おはようございます。

そうなんですね〜。新製品のRe4/4 I のTEEカラーは待ちに待ったモデルなんですが、実車を見た事ないと思っていました。でも見ていたんですね〜。すっかり記憶から無くなっていましたが....。
by Akira (2010-03-17 07:53) 

深山苧環

おはようございます

写真を整理していると,こんな写真いつ取ったんだ?と言うのが出てくることがありますね.
その被写体が思いがけず貴重なものだったりするとお宝を発見したようで嬉しいものです.
私は留学時代の写真をすべてリバーサルで撮影し,気に入ったものだけスライドマウントしてしまったので,今さら見返して探すというのも億劫で・・・・・ もしかしたらお宝が眠っているかな~?

Re4/4ⅠTEE,私も待ち遠しい一人です.
ところで,SBBのTEE機のえんじ色はDBのTEE客車と全く同じ色なのでしょうか.
実車についてはどちらも見たことがないのですが,カタログや模型を見ていると,DBの方が赤が鮮やかで,SBBの方が渋い赤に見えます.
by 深山苧環 (2010-03-17 08:16) 

Akira

深山苧環さん、おはようございます。

そうなんですね〜。自分の記憶力のなさに唖然としています。まぁ、嬉しいので良いのですが...。
深山苧環さんも留学されていたのですね。どちらに?
私は1眼レフにはリバーサル、コンパクトカメラにはネガカラーフィルムを使っていました。この時1眼レフを持っていなかったのが悔やまれます。私もポジフィルムは整理しているつもりなのですが、やはり見るのは億劫でプリントしてあるのを見ていたところ見つけました。

ご質問のTEEカラーですが、おそらくUIC?の取り決めでDBもSBBも同じ色(赤はRAL3004/Purpurrot)だとは思います。参考にはならないかも知れませんが以下にSBBの色彩についての記述があります。

http://www.sbbhistoric.ch/index.cfm?uuid=7814FC9B2B351571EA3F9A1461C05F2B&detail=true&faq_bereich

by Akira (2010-03-17 08:45) 

kashy

こんにちは

Akiraさんの記事を読んで、私ももう一度、スキャンした画像を確認しました。

1986年9月 TEEラインゴルトがBasel SBBを発車直後のスナップで、私もコンパクトカメラでの撮影です。
車番は10034でした。
http://kashiwa.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/tee_1986_e117.html
当時はラインゴルトもBasel止まりとなっており、Churからの編成をこの機関車が牽いていたかは、定かではありません。
今にしてみればBasel駅構内をブラブラしないで、この編成との結合シーンを見ておけばと思うところです。
by kashy (2010-03-17 14:16) 

Akira

kashyさん、こんにちは。

早速ブログを拝見+コメントさせていただきました♪
1986年と言えば、私も初めて欧州に足を踏み入れ、ドイツの車両を見て狂喜乱舞?し、メルクリンを買うのに模型屋のハシゴをした思い出があります。
いくら後悔しても今となっては全て後の祭りですね。でもお互いRe4/4 I(TEE)を撮影できたということで...。
その分は、メルクリンモデルで再現しませう。
by Akira (2010-03-17 15:05) 

rabijin

Akiraさん、ごぶさたしてます。

いや~、いい写真ですね。TEEカラーがちょっと色あせた感じで、最近のレストアされたTEEカラー車両とは違い、撮影された現役時代の雰囲気になっているとおもいます。

ではまた
by rabijin (2010-03-17 20:04) 

Akira

こんばんは、rabijinさん。お久しぶりです。

この写真のオリジナルは、暗くて何の機関車かほとんど見分けがつかないほどなのです。Photoshopで何とか色調補正して見られるようにしたんですが、それでも荒れてしまって...見方によっては味のある写真に見えなくもないですねぇ。
by Akira (2010-03-17 21:20) 

deanna

Akiraさん、こんばんは。
話題が脱線しますが、ヤフオクにおもしろいのがありました。
ご存じかもしれませんが。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n80968801
by deanna (2010-03-17 22:23) 

seidoh

Akiraさん、こんばんは。ご無沙汰しています。

>オリジナルは、暗くて何の機関車かほとんど見分けがつかないほど
>Photoshopで何とか色調補正して見られるようにしたんですが

フィルム時代はプリントするまで出来が分からず、しかも撮り直しもままならない大事な一枚に限って、泣きたくなるような思いをした経験が少なからずあります。それが今では、撮ったその場で結果が分かり、フィルム消費を気にせずバンバン撮り直しができて、いにしえの埋もれた名作まで復活させてくれるとは。まさにデジタルさまさま、といったところですね。

これからも、埋もれたお宝がありましたら、ぜひ拝見させて下さい。
by seidoh (2010-03-17 22:25) 

匿名希望者

矢張り kashy さんの車番が正解でしたか・・・。 疑問が解けました。
by 匿名希望者 (2010-03-17 23:35) 

Akira

こんばんは、コメントありがとうございます。

> deannaさん
リンク先を見ました。いくら何でもこれを全てゲット出来る人は稀でしょうね。金額も場所も半端ではないですから。小分けして出品する方が良いのかも?

> seidohさん
仰る通りですね。銀塩フィルム時代なら、暗室でも持たなければこのようなネガから色調補正するのは難しいでしょうね。(プロラボで詳細指定するしかない?)
当時、今のようなパソコンと画像ソフト、それにデジカメがあれば、どれだけ良かったかとは思いますが、なかったからこそ貴重な1枚なのでしょうね。埋もれている良さげな写真が見つかったらまたブログにアップしますね。
by Akira (2010-03-17 23:38) 

Akira

匿名希望者さん。

最初記した車番はRe4/4 IIのTEEカラーでした。失礼しました。Re4/4 I(TEE)は、今記されているように4両のみのようです。
by Akira (2010-03-17 23:46) 

P-ZUG

Akiraさんこんばんは

貴重な写真を見せて頂いてありがとうございます。
SBBの食堂車は予約制なんですね。氷河急行に乗りに行こうかと企んでましたので大変参考になりました。食堂車で飯を食うのは私ら乗り鉄にとって必須条件ですから。
by P-ZUG (2010-03-18 00:35) 

Akira

P-Zug さん、おはようございます。

食堂車の予約ですが、あくまで当時のあの時間帯の列車であると思います。例えば、ECなどでChiassoからLuzern方面行きに良くSBBの食堂車が連結されたりしますが、その時は飛び込みで大丈夫でした。

氷河急行の場合は、座席指定急行券が食事なしでCHF 33,-、食事付きでCHF 74,-とありますから、予約前提でしょう。
私が乗車した10年以上前も電話で予約を入れるときスイスドイツ語で、食事の有無を聞かれましたからきっと同じだと思います。

ご参考迄に

http://www.glacierexpress.ch/fahrplanundpreise/zuschlaegesommer2010.php
by Akira (2010-03-18 08:49) 

ktochen

みなさん盛り上がってますね。
私も1994年6月、Bern駅構内を単機走行中の10050を撮影しました。
急に視界に現れ、慌ててコンパクトカメラのシャッターを押しましたが、何とか撮れておりました。「衝撃的な出会い」(笑)であった故、このTEEカラーの機関車が好きな車両の1つとなりました。
by ktochen (2010-03-18 21:32) 

Akira

こんばんは、ktochenさん。

皆さん意外にも多くの方がRe4/4 I(TEE)と遭遇しているのですねぇ。ドイツの103.1形のように当時ドイツではどこでも見れた機関車とは明らかに違う特別な1台でしたから、見つけたら即撮影というのは、欧州鉄なら当然かもです。
今年の同形新製品モデルは今から人気になる訳ですね。(日本だけ?)
by Akira (2010-03-18 22:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0