So-net無料ブログ作成

Teddy Baby Blau / EAN 420016 [Steiff]

b12134.jpg

昨日メルクリンとSteiffのコラボモデルの紹介やSteiff-Clubについて記したので、今日はSteiff、しかもSteiff-Clubの最初のクラブモデル(1992年)について触れてみたい。もしかしたら、このブログの読者の多くにはあまり興味のない話題かもしれないが...。

これからメルクリンの新製品の話題でもちきりになるかも知れないので、今日はお休み気分で読んで頂ければ..と思う。

1992年と言えば、私はドイツのPforzheimという小さな町(最近この町の模型店が日本のメルクリンファンにもやや有名になりつつあるようであるが..)の大学を卒業し、就活から就職が決まった頃である。当時の住まいはPforzheimから西へ70Km程のKarlsruheにあり、学生時代は毎日クルマでAutobahnを使って通っていた(日本と違って高速代金は無料の上、滅多に渋滞は起きないので片道1時間も掛からない)が、卒業してからはKarlsruheに居ながら就職活動に専念しつつビザ切れの心配ばかりしていたように思う。しかし時間があったので色々な町に出掛けたり(どの町にも個性とがあって、身近に歴史に触れられたのが、ドイツに滞在した大きな楽しみの1つ)、夏になれば遅く迄明るいので夕食後に中央駅迄散歩に出掛けたり、楽しい思い出が蘇る。

さて、前置きが関係のない方向に脱線してしまったが、この街に住まいがある3年間、良く買い物をしたKarlsruheの中心市街地(トランジットモール)のまさに中央に位置する百貨店のKarstadtには、玩具売場にSteiffコーナーがあり、店員さんがほとんどいない(来ない)のだが、机が1つ置かれてあり、そこにSteiffのパンフレットなどが置かれていた。たまたまそこを覗いた時見つけたのがクラブの案内である。これは1991年だったかも知れない。

クラブが発足して翌年から開始されたクラブモデルは、会員のみ購入権利のあるインサイダーモデルと同じである。クラブの案内パンフレットには、画像のクラブモデルの写真があったように思う。いわゆるテディベアとはちょっと異なる趣の可愛らしい姿に、妻はすぐに入会を決め、入会申込をした。結局それ以来、今年3月迄の19年間クラブ会員でいたことになる。

このモデルはレプリカで、7959体製造されたと手元の資料には出ている。クラブモデルの特徴は、限定品を示す白地に黒文字(シリアルナンバー入り)の耳タグだけではなく、当時は首から胸に大きな陶器製のメダルを掛けていた。そこには、中心にクラブのマーク、そしてそれを囲むようにSteiff-Clubモデルであることと、そのリリース年が大きく記されている。

当時はこのクラブが欧州内だけの展開だったため、USや日本などのアジア地域にはリリースされていない。その2年後の1994年のクラブモデルからは、日本にもリリースがあったとらしい。(未確認)そのため、製造数も最初の2年間は少なく、また愛らしい姿も手伝って最初の2年間のクラブモデルは結構なレアになっていると聞いている。もしかしたら我が家で最も価値のあるテディかも知れない。
最近はネットオークションも盛んなので、このモデルをお持ちの日本のファンも少なからず居るのではないかと思う。(以下は、アマゾンでも扱っているちょっと古いが手元にあるSteiff資料集。下は、その後に出版された2003年迄のモデルを掲載した同様の本)

[SORTIMENT 1947-1995]


[SORTIMENT 1947-2003]

タグ:Steiff Teddybaer
nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 9

460

実は我が家にもSteiffが3体あります。
2体はベアーで1体は牛です。
ベアーは最初の日本限定で出たMASAKOって名前です。
たまたま雑誌で情報を知り、阪急百貨店に注文したのを覚えてます。
もう一体のベアーは翌年の日本限定TAROです。

最期に牛ですが・・・チョコレートメーカーのMilkaの牛です。
実はコレが一番気に入ってます(笑)

以上、My Steiffでした。
by 460 (2010-01-13 16:31) 

Akira

こんにちは、460さん。

日本限定バージョンは欧州では人気のようですね。和装のモデルなどは、日本で着付けしているとか...聞きました。(向こうではできないらしい..)

私もリラ色のMilka牛は好きです。最近テディベアもブームが去ったので、ようやく落ち着いてみる事ができそうです。(商売としては大変でしょうが..)
by Akira (2010-01-13 17:15) 

まほろ

Akiraさん、こんばんは

うちには日本限定バージョンのLittle Santaが 数体います。
クリスマス前(10月位)にリリースます。
メルクリンのクリスマス貨車と同じような感じですね。
毎年、購入するにはちょっと大変ですね。

あとは、2008年のパンダのテディベアがいます。

by まほろ (2010-01-13 18:44) 

Akira

こんにちは、まほろさん。

意外にSteiff Tier好きがメルクリンファンにも居るのだと、このブログを記し始めてから気づいた次第です。以前ゲッピンゲンのModellbahn-TreffのSteiff版にあたる催しに出掛けたことがあるのですが、その時結構な男性が参加していたのを憶えています。奥さまの付き添いという訳ではなく、胸にテディのバッチを付けたりして、好きで来ているのだなぁ..と、やはりドイツの玩具の世界は、ファン層も厚く奥深いものだなぁと妙に感心したりしています。日本にも表立ってはいないものの、その芽はあるようですね。恥ずかしさが先に立ってしまう日本のメンタルが表に見える事を邪魔をしているかも知れませんが...。
by Akira (2010-01-13 19:04) 

hikari

この流れに乗じて・・・
我が家にも白タグ赤文字のが一匹、
ハロッズの2006年ものです。
by hikari (2010-01-13 20:03) 

masato-marklin

Akiraさん こんばんは

うちにはライト兄弟が飛んで100周年にあたる2003年のアメリカ限定の飛行帽かぶってマフラーをしたパイロットベアがいます。
足にはライトフライヤー号の刺繍があります。
 飛行機も好きなのでSteiffではありませんがその他にも飛行服を着ているパイロットベアが大小20体くらい居ます。
 
その中でもやはりSteiffが一番手ざわりが良いです。

by masato-marklin (2010-01-13 20:04) 

Akira

こんばんは、意外な反響に驚くばかりです。

> hikariさん
なんと、hikariさんもですか。意外という訳ではありませんが、皆さんのカミングアウト?に背中を押している気分になってきます。
私は残念ながら子供の頃Steiffの存在を知らなかった(または親が買えなかった)ため、ぬいぐるみを持つ子供にはなりませんでしたが、息子はしっかりお気に入りのテディを持っていました。(頂き物ですが、もちろんSteiffです)

でも、さすがhikariさん、オリジナル限定ベアですね。

> masatoさん
飛行機乗り縛りでしょうか。Steiffは様々なバリエーションがあるのでコレクターには実に危険?な玩具ですが、縛りをかける事で何とかなりそうですね。それにしても20体とは素晴らしいです。
by Akira (2010-01-13 20:46) 

460

こんにちは。
皆さん飼ってますね!!
メルクリンの鰐とSteiffの熊は危険ですね。
昨日実家に戻ったらもう1つSteiffのスヌーピーがありました。

by 460 (2010-01-14 08:13) 

Akira

おはようございます。

何だか、ここまで盛り上がるとは思わず....。
これは、少しばかり定期的にアップせねば...と思います。
by Akira (2010-01-14 08:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1