So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

2668 Avmz 106 [Maerklin-Reisezugwagen]

b08096.jpg
▲ 区分室側
b08095.jpg
▲ 通路側

久しぶりに客車モデルを紹介します。今回はEUROFIMA客車としてDBで登場した1等区分室客車(Avmz 207形)をLufthansa Airport ExpressのFrankfurt/M - Stuttgart線が高速新線(NBS)に移行される際に改造し増備された車両を模型化したものです。実車は高速運転でのトンネル通過でも耳ツンなどの気圧変化に対応した気密構造仕様に改造したAvmz 106形で、外観上はドアや貫通幌、尾灯の違いなどで改造前の車両との区別がつきます。また改造はPFAによるものです。

b08097.jpg
▲ 側面車端部。改造された気密構造のプラグドアと新しく設けられたLEDによる車号表示器がドアの右に見えます。台車はオリジナルFIAT製のものです。

このモデルは、2668セットとして103.1形モデルとともに1992年から94年まで3年間リリースされました。モデルは26,4cmで、LufthansaのCIに基づいた美しいカラーリングが目を惹きます。

b08098.jpg
▲ 車体番号と形式表記

車体番号は、「70 80 84-95 753-7」。

b08099.jpg
▲ 最高速度許可と電源、所属表記

最高許可速度は200Km/h、単電源のようです。私有客車である(P)も表記されています。所属はBD Stuttgart、所属駅はStuttgart Hbf.です。

b08100.jpg
▲ REV表記は、1991.07.02。

表記は全般的に滲みが少なく1990年代のモデルの水準です。

b08102.jpg
b08103.jpg

妻部正面と斜めから見たところです。気密タイプの貫通幌押さえがわかります。ゴム幌と異なり板状のため、連結時に隙間なく密着され車内の気密が保たれる構造になっています。連結する相手が通常のゴム幌の場合は気密は保たれませんが、隙間ができない構造なので貫通路としての機能は果たせます。

また、この板状の貫通部の構造により丸型尾灯ではなく角部分に回り込んだ四角い形状の尾灯が付いているのが特徴的です。(モデルは尾灯部分に赤色を指してあります)

この車両のインテリアは、以前のLHAE仕様のAvmz 206形とは似ているものの、細部はリファインされており、ディテールはより洗練されたものになっていました。残念ながらLHAEが廃止されてしまった現在では見ることも叶いませんが、私自身が求職活動でドイツのPFA社に面接に訪れた際、工場見学をした時ちょうど改造中だったこの車両の車内に入ったことがあります。LHAEの廃止決定が行われたのが、それから間もなくのことでした。そんなことで非常に短命に終わってしまったこのLHAE客車は、残念ながらこの時がこの車両を見た最初で最後ということになりました。
タグ:Lufthansa Ep.V LHAE

25 Jahre Eisenbahn-Romantik [欧州鉄道]

昨日からドイツのBlumbergという場所で、SWR(南西ドイツ放送局)の鉄道番組「Eisenbahn-Romantik」放送25周年記念イベントが行われています。

この番組は、私がドイツに渡って1年後、それまでのホームステイから大学入学とそれに伴う引っ越しでアパート暮らしとなり、テレビを購入してからこの番組を毎週観るようになりました。そこで得られたドイツやヨーロッパの鉄道の歴史など、多くをこの番組から学ぶことができました。

さて、この番組が始まった当初からのモデレーターであるHagen von Ortloff氏は、ドイツはもとより世界中の鉄道を取材しているので、欧州鉄道ファンには馴染み深い方です。彼らが日本の鉄道取材に来た時は、私がアテンドしたこともあって当ブログでもほぼ毎日取材の様子をレポートしました。
彼らが来日した時は、当ブログの読者の一部の方とも彼との交流を楽しまれた記憶があるかと思います。

そんな縁で今でも良き友人として時々連絡を取り合う仲のHagenさんですが、SWR放送局での定年を迎え、彼と彼が行ってきた取材の足跡を追う特別番組が本日以下サイトで配信されました。

http://www.swr.de/eisenbahn-romantik/ebr-877-portraet-hagen/-/id=13831034/did=17583404/nid=13831034/1ops4oe/index.html

彼は、ドイツではモデレーターということもあって当地の鉄道ファンなら「ミスター・アイゼンバーン」として知らぬ者はいないほど有名な方ですが、当のご本人は非常に気さくで冗談の大好きな明るいオジさんという印象です。また、誰とでも腹を割って対等に話すことのできる方でもあり、また東日本大震災でもいち早く私の元に安否を気遣ってくれた方でもあります。

今後は、世界中の鉄道マンや鉄道ファンとつながりを持つ一人の鉄道ファンとして、ゆっくり時間を掛けて好きなことに時間を費やして欲しいと思います。そして、願わくば、また日本の鉄道に乗りに来て欲しいです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

39952 VT 95.9 mit Einachsanhänger VB 141.2 [Maerklin-Allgemein]

先日お伝えした2016年インサイダークラブモデル第2弾、1軸荷物車付きレールバスのページがメルクリン・ドイツサイトにアップされましたので、リンクを貼っておきます。

http://www.maerklin.de/de/produkte/produkt-informationen/sondereditionen/insidermodelle/

ハイライトは以下の通りです。

Highlights:

- Komplette Neuentwicklung des Einachs-Anhängers.(完全新開発の1軸被牽引車)
- Anhänger mit 6 Ladeklappen zum Öffnen, bestückt mit 5 Fahrräder und einigen Gepäckstücken.(牽引車は6つの蓋が開き5台の自転車と幾つかの荷物が積載)
- Rot/weiß wechselndes Schlußlicht an einem Wagenende des Anhängers.(被牽引車の片側車端部に赤/白交互の灯火)
- Im Triebwagen Digital-Decoder mfx+ mit umfangreichen Betriebs- und Geräuschfunktionen für noch mehr Spielfreude in der Märklin "Spielwelt".(動力車はの様々な駆動、エフェクトサウンドがmfx+デジタルデコーダーによりメルクリン「体験世界」をさらに楽しめます。
- Motorwagen mit serienmäßig eingebauter Innenbeleuchtung.(動力車には室内照明付き)
- Spitzensignal am Motorwagen je Seite separat digital abschaltbar.(動力車の前照灯は、各側で単独にデジタルで消灯可能。
- Triebwagenführerfigur und zahlreiche Fahrgäste serienmäßig eingesetzt.(動力車の運転士と沢山の乗客が標準装備)

現役時代にWeiden i. d. Opfでレールバスの実車を見たことがあるのですが、灯火を赤色尾灯にするときは前照灯の下部2灯の外側に丸型赤色フィルターを引っ掛ける(差し込む?)ことで、赤色としていましたけど、この1軸荷物車の灯火も同様なのでしょうね。

[EDIT] 2016-06-08

2. Insidermodell 2016 / Insider-NEWS 3/2016 [Maerklin-Triebwagen]

b20.50.11.jpg

今日、Insider Club newsの03.2016がメルクリンサイトで配信されているのを知り、早速ダウンロードしました。近々に紙媒体では到着するのでしょうが、今回今年2つ目のインサイダーモデル(39951)が発表されていることを知り、その内容を早く知りたかったことがダウンロードした動機です。

画像のタブレット端末画面にあるのが最新版ニュースの表紙になります。その表紙に出ている実車のレールバスが今回のモデルのオリジナルのようです。レールバス(VT95.9)のモデル自体は、すでに多くのバリエーションでリリースされているのですが、今回は牽引されている1軸荷物車(VB141)は、今回新開発のモデルです。
このVB141は、荷物車の位置付けのようですが、6枚の側扉は開閉式で荷室には5台の自転車と幾つかの荷物のモデルが積載されています。荷物車の前照灯/尾灯は機能します。VT95.5はmfx+デコーダー内臓でフルサウンドです。(ファンクションはCS3に合わせた21種あります)車内には乗客のフィギュアが乗っています。価格はEUR 349,99で決して安くはないですが、中々面白いモデルだと感じました。

Sommer-Neuheiten 2016 [Maerklin-Allgemein]

n5016.jpg

先ほどメルクリンからウエブニュースが届き、夏の新製品がメルクリン/TRIX/LGBからアップされたことが告知されていました。早速PDFファイルをダウンロードしました。

メルクリンとTRIXのファイルが置かれているページのアドレス(ドイツ語版)は以下の通り。

[メルクリン]
http://www.maerklin.de/de/produkte/neuheiten/

[TRIX]
http://www.trix.de/de/service/veroeffentlichungen/neuheiten.html

メルクリンは、春の新製品とダブっているモデルも掲載されていました。個人的に興味を持ったのはMHIのET194牽引の3両セット(26194)でしょうか。また、以前TRIXでシリーズ化されていた「VOM ERZ ZUM STAHL」と呼ばれるルール地方の鋳鉄精錬のモデルが久しぶりに復活したことでしょうか。機関車はE50、鋼鉄の建設資材やらの重量積載貨車やくず鉄積載貨車など凝った貨車が8両告知されています。今後、このシリーズがさらに充実するのか興味深いところです。

TRIXはNゲージに力が入っています。SNCFの"Le CAPITOLE"のCC6500やGC客車などH0ならその話題で持ちきりになりそうなモデルです。またチェコ国鉄とスロバキア国鉄の水中眼鏡の愛称を持つディーゼル機関車750形と同色の客車3種など力が入ってきているように感じています。
タグ:Neuheiten 2016
前の5件 | -