So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

43920.001 "Locomore" [Maerklin-Reisezugwagen]

10.51.39SK.jpg
▲ InnoTrans 2016展示会場のLocomore向け元DBのUIC-X客車

昨日ドイツから届いたメルクリンインサイダーニュースにある広告モデルのページにUIC-X客車をベースに改造された民間会社の"Locomore"所有のH0客車モデル(43920.001)が掲載されていました。

早速ネットで調べてみると既にリリースされているようで、ドイツの販売店では販売開始されているようです。(以下リンク画像)

http://www.lokmuseum.com/spur_h0/personenwagen/bilder/43920.001axxl.jpg

この"Locomore"は、Stuttgart Hbf - Berlinを結ぶ列車で、DB列車利用より格安で乗車できるのがウリです。運営会社は、クラウドファンディングを活用して資金を調達したり、エコロジーに配慮した運営など運行開始時には日本のテレビニュースでも報道されました。しかしながら、毎日運行されているものの、1日1往復という限られたダイヤなど、定着する前に残念ながら資金繰りの悪化で間も無く運行中止に追い込まれました。その後、新たにドイツで長距離運行を行う路線バス会社の支援もあって再び運行を行い、現在に至っているようです。車内では食堂車は連結されていないものの、(少なくとも日本以上に)充実したミニバー(車内販売)もあるようで、私も機会があれば1度利用してみたい列車です。

10.52.23SK.jpg
▲ Locomore用UIC-X客車の区分室内

10.53.13SK.jpg
▲ Locomore用UIC-X客車のWC

私がこの列車に興味があるのは、上記のような登場の経緯もありますが、昨年、ベルリンの交通関連展示会イノトランス2016の屋外展示場に運行間近のこのUIC-X車両が出展され、リニューアルされたこの車両の車内を観察できたこと。もちろんその種車が元Bm234形UIC-X客車であったことがその要因です。
外観はオレンジの派手な装いで、これがDBとは違うという主張がハッキリと現れていますが、やはり基本は1970年代製造の車両であることは否めません。しかし、区分室の内装材はもちろん、シート表皮、洗面所設備などは全て新しく作りかえられていて、長時間の移動でも苦痛にはならないかも..と感じた次第です。

さて、メルクリンのH0客車モデルですが、当然ながら種車のBm234モデルをベースに塗装変更がされているようです。ネットで画像を見ると通常は4両編成程度で運用されているようです。実車では同じUIC-X客車でも旧InterRegio用客車(Bimz)をベースに改造された車両もあるようで、外観として窓の形状が異なり、これらが混成されているようです。また牽引機関車は、HECTOR RAILのTaurus機関車が牽引している画像を見ることができます。(メルクリンH0では製品番号39842:https://www.maerklin.de/de/produkte/details/article/39842/)

メルクリンH0では客車は単品で発売されていますが、このモデルを数両連結させて機関車に牽引させれば、ドイツを想定した小さなレイアウトでも模型としてもちょうど良い長さで、良いアクセントともなりそうです。

なお、Facebookにアカウントをお持ちの方はPubcen Railway Gallerieでも拙記事によるLocomoreについて記しておりますので、ご興味のある方はこちらもどうぞ。

参考サイト:Locomore公式ページ
https://www.flixbus.de/locomore
タグ:UIC-X Locomore
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EURO-EXPRESS [欧州鉄道]

HUH_EE01.jpg
▲ TEEカラーのEURO-EXPRESS保有?の110形牽引の編成, Photo: HUH

前のブログ記事で今年のメルクリン秋の新製品のうち、EURO-EXPRESS客車を私が個人的に興味を持ったことを記しました。
この客車は、1992年からデュッセルドルフのMueller Reisenという旅行会社の私有客車として所有、主に同社が主催する団体列車などで運行されていましたが、現在は、EURO-EXPRESS社として、更に保有車両を充実させつつ、さらに冬季のスキーツアー列車やカートレイン事業にも拡大しているようです。

同社の公式ウエブサイトを見ると、保有車両についても詳細に記されています。
ここには、パーティ車両として、メルクリンでモデル化(43948)されているのは、Rheingod '83で"Club Reingold"として使われていた車両を改造したものですが、写真からは座席を外した程度に見えます。(これは、Rheingold '83のモデル化へのフラグか?とのウワサも出そうですが、肝心のプラグドア付きAvmz 111.1とApmz 122がないのが....。)

また、簡易寝台車の他、座席車も用意されているとありますが、説明には11個室、定員66名とあるので、未確認ながらBcm 243からの改造車両になるのでしょうか。(Bcm 243は11個室、定員60名で1個室は専務車掌室)
以下が公式ページ。ドイツ語のみのようです。

https://www.euro-express.eu/home.aspx

HUH_EE02.jpg
▲ 動態保存のV200.0形牽引のEURO-EXPRESS, Photo: HUH

これらEURO-EXPRESS所有の車両は、登場時からほぼ変わらぬ車両、塗装色故に、様々な時代の機関車が似合うことは特筆すべきでしょう。これは模型ファンにとっては嬉しいことで、90年代なら103.1形、218形など、今なら、上画像のような動態保存機関車を始め、Traxx機関車やVectron機関車などなど、数多くの機関車が似合います。何より保有車両の多くがUIC-X系客車なので、形状的にもDBの機関車にはしっくりくるので、沢山の組み合わせのバリエーションが楽しめるのが魅力です。もちろん、スイスやオーストリア、イタリアまでにも運用されているので、それら国々の機関車との組み合わせも楽しめます。

また、夜行列車運用などでは、他社の客車などとも混結編成もあり、昨今の統一された外観の編成ばかりなったドイツでも、昔ながらの雑多な編成が楽しめるのも模型向き..と言えるように思います。(編成長は長いですが..)

写真提供:HUHさん
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Herbstneuheiten 2017 [Maerklin-Allgemein]

9月に入り、メルクリンから秋の新製品が発表されました。

以下公式ページから各国語のパンフレットがPDFファイルでダウンロードできます。(日本語版はありません)
https://www.maerklin.de/de/produkte/neuheiten/

今年の秋の新製品は新金型モデルがなく、目玉モデルは表紙を飾る45形のテンダーを持つBR18.5形とそれと組む客車セットでしょう。MHIモデルらしく機関車には発煙装置、客車には室内灯がセットされています。

私が今回個人的に興味を持ったのは、EURO-EXPRESS塗装を纏ったモデル。その理由は、以前ドイツでこの会社のための車両の改造に関わったためです。今回のモデルには(種車がモデルにないため)該当車両はありませんが、これらはMueller-Reisenという旅行会社(当時)が所有する主に団体旅行として使われている車両群です。多くはUIC-Xの簡易寝台車(Bcm 243)ですが、団体旅行用ということもあり、車内がディスコ(←古い表現?)になるTanzwagenなども用意されています。

メルクリンモデルでは、種車となる簡易寝台車モデルないため、一般座席車(Bm 234とAm 203)がベースです。また、Partywagen(WGm 804/854)が車内のサウンドを楽しめるモデルとして、この客車セットとは別売りで編成の華として用意されています。146形モデルも同色で用意されていますが、この機関車が実在するかどうかはわかりません。
今は団体旅行のほか、AZ(夜行カートレイン)としても、他の会社の客車と混成で活用されていることもあるようで、この客車を使って雑多な塗装編成を楽しむこともできます。

もう1つ注目しているのは、1970年代の仕様とした28.2cmのUIC-X客車群モデルです。当時の仕様はやや地味な色合い(グレー屋根、1等Kobaltblau / 2等・荷物のChromoxidgruen車体、黒裾)で、蒸気機関車時代の最後を楽しむ向きには最適でしょう。単品販売なのも嬉しいことです。欲を言えば、荷物車(Dm)、半室食堂車(BRm)、食堂車(WRm)なども用意して欲しいところです。
タグ:Neuheiten 2017
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Projekt “E-Lok BR 101 RHEINGOLD” [Maerklin-Allgemein]

640013694_o.jpg
▲ ICを牽引するRheingold塗装のBR101 112 Photo: Hisa.K

ドイツの鉄道模型販売店グループの1つ「W13+」が、BR 101 112にブルーとベージュの旧Rheingold塗装を広告塗装機として登場してファンを驚かせたのが4月27日のこと。当然、それは模型にも反映されることは想定済みでしたが、やはりこの機関車と、同色の客車群はH0とN、さらにはTTでも登場しました。それもH0はメルクリンとPIKO、NはMINITRIX、TTはTilligでした。以下のサイトはW13+の該当ページ。

https://w13plus.de/e-lok-br-101-112-1-rheingold/

また、以下はメルクリンH0モデルの詳細です。興味深いのは、43870.002のAvmz 207とBvmz 207です。この2両の客車は同じ1等の種車(Avmz 207)ですが、1両は2等車表記になっています。実際はどうなのでしょうか?Avmz207のコンパートメントは1等車にふさわしいゆったりとした作りになっていますから、私もお気に入りの客車です。

http://www.data-space.eu/kramm/bilder/katalog/540/39370001.jpg
E-Lok Rheingold Werbelok w13, BR 101 112-1 der DB AG, Epoche 6, in blau-beige, mit mfx+ Digital-Decoder und Sound, H0-Spur, Vorbesteller erhalten ein Buch Baureihe 101 vom Verlag GeraMond im Wert von 29,99 Euro gratis dazu, Nur solange der Vorrat reicht! (w13 Exklusivmodell)

http://www.data-space.eu/kramm/bilder/katalog/540/43870001.jpg
Set Personenwagen Rheingold 3-teilig der DB AG, Epoche 6, in blau-beige, Inhalt: 1x Packwagen Dms 905, 1x Speisewagen mit Pantograph WRmz 135.0 und 1x Grossraumwagen 2. Klasse Bpmz 291.3, H0-Spur (w13 Exklusivmodell)

http://www.data-space.eu/kramm/bilder/katalog/540/43870002.jpg
Set Personenwagen Rheingold 2-teilig der DB AG, Epoche 6, in blau-beige, Inhalt: 1x Abteilwagen 1. Klasse Avmz 207 und 1x Abteilwagen 2. Klasse Bvmz 207, H0-Spur (w13 Exklusivmodell)
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホテル オリエントエキスプレスの客車詳細 [欧州鉄道]

CIWL_Hotel-KOYO-SN.jpg

▲ 画像をクリックすると拡大されます。

以前から気になってはいたものの、中々情報が集まらず半ば諦めていたのは、当ブログでも紹介したことがある琵琶湖畔にあったホテル紅葉のホテル オリエントエキスプレスの客車の詳細です。つい先日、SNSのグループでこの客車について新たな情報(全客車の車体番号など)を見つけることができたので、この情報を基に出来る限りの関連情報を集め、一覧表に纏めたのが上の画像です。

何より嬉しかったのは、長年ナゾだった食堂車の車体番号が判明したことです。この4202は、車名やTypもありませんが、オランダでD-Zug(Holland - Skandinavia Express)の食堂車として活躍していたようです。
この食堂車(4202)が現役時代の画像が掲載されたページは以下で見ることができます。

http://www.martijnhaman.nl/internationaal.htm#yu

この表を作成しながら感じたのは、食堂車も含めてほぼ1950年頃の製造であることと、寝台車はYT(b)形やその派生形であることが判明しました。もちろん、これら客車はオリエント急行とは(CIWL車籍以外)縁もゆかりもないことはわかっていましたが、それが証明されたことにもなります。
しかしながら、ヨーロッパに散らばっていた同形客車を集めて1つの編成として再現しているのは、解体されしまった今思うと、改めてこれら客車の最後には無念さが込み上げてきます。

この表は、完全なものではありませんので、もし空欄を埋められる情報があれば、コメントくださればありがたいです。

Special Thanks: M. Kawamura
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -